最新記事

ブレグジット

EU、英メイ首相の総選挙実施を歓迎 国内基盤強化に期待

2017年4月19日(水)10時10分

4月18日、欧州連合(EU)は、6月8日の英国の総選挙実施について、EU離脱(ブレグジット)を推し進めるメイ首相の国内基盤強化につながるとして歓迎する姿勢を表明した。写真は英国とEUの旗、ロンドン市内で3月撮影(2017年 ロイター/Peter Nicholls)

欧州連合(EU)は、6月8日の英国の総選挙実施について、EU離脱(ブレグジット)を推し進めるメイ首相の国内基盤強化につながるとして歓迎する姿勢を表明した。一方、EU当局者の間では、総選挙の結果が離脱方針の撤回につながるとの見方はほとんど示されていない。

メイ首相は18日、総選挙を前倒しする意向を表明。離脱交渉に向けた政府の方針について国民の信を問うことで、首相としての足場を固める狙いがある。

この発表を受けてあるEU当局者は「(総選挙によって)有権者の強力な支持を得た強い英国のリーダーがわれわれとの交渉に当たる結果になるとの期待がある」と指摘した。

EU交渉担当者らはこれまで、ブレグジットを巡って英与党や有権者の意見が割れていることについて、交渉の期限とされる2019年3月までに離脱の条件で合意し、秩序ある離脱プロセスを実現することへの妨げになるとして懸念を示していた。

メイ首相がEU離脱に伴って欧州単一市場からも離脱する意向を示したことから、EUでは英国残留への望みは薄れ、その代わり英国に続く離脱国が出ないよう、結束して厳しい姿勢で英国との交渉に臨もうとする方針に傾いている。

トゥスクEU大統領は英総選挙実施の発表を受けてツイッターで、「ブレグジットはヒッチコックが監督したに違いない。最初に地震が起こり、その後緊張が高まる」とつぶやき、劇的な展開を映画監督のアルフレッド・ヒッチコック氏の作品になぞらえた。

トゥスク氏の報道官は、英国との離脱交渉に向けたEU側の日程に変更はないことを明らかにした。今後は4月29日にEU首脳会議が予定されており、交渉は6月に始まるとみられている。

ブレグジットからの離脱には「ノー」

世論調査では、メイ首相の与党・保守党は最大野党・労働党を支持率で大幅に上回っており、総選挙では圧勝するとみられる。

ドイツ与党・キリスト教民主同盟(CDU)幹部のノルベルト・レットゲン氏は「ブレグジットからの離脱に望みを抱く根拠はまったくない」と述べ、総選挙が英国のEU残留につながる可能性を否定した。

ニュース速報

ビジネス

大和証Gの17年3月期は減収減益 海外は7年ぶり黒

ビジネス

日航「営業利益率10%以上」目指す 中間配当を導入

ビジネス

新日鉄住金、17年3月期経常益は1745億円 会社

ビジネス

訂正:麻生財務相、長門・郵政社長と会談したい意向 

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 2

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくすぶる核攻撃の火種

  • 3

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環球時報を読み解く

  • 4

    北朝鮮危機のさなか、米空軍がICBM発射実験

  • 5

    北朝鮮の脅威増大、必要あれば空母から2時間で攻撃=…

  • 6

    イバンカのアパレル工場は時給1ドルのブラック企業だ…

  • 7

    「空飛ぶ自動車」いよいよ発売、課題は大衆化

  • 8

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 3

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 6

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 7

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 8

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 9

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 10

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

  • 10

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月