最新記事

ブレグジット

EU、英メイ首相の総選挙実施を歓迎 国内基盤強化に期待

2017年4月19日(水)10時10分

4月18日、欧州連合(EU)は、6月8日の英国の総選挙実施について、EU離脱(ブレグジット)を推し進めるメイ首相の国内基盤強化につながるとして歓迎する姿勢を表明した。写真は英国とEUの旗、ロンドン市内で3月撮影(2017年 ロイター/Peter Nicholls)

欧州連合(EU)は、6月8日の英国の総選挙実施について、EU離脱(ブレグジット)を推し進めるメイ首相の国内基盤強化につながるとして歓迎する姿勢を表明した。一方、EU当局者の間では、総選挙の結果が離脱方針の撤回につながるとの見方はほとんど示されていない。

メイ首相は18日、総選挙を前倒しする意向を表明。離脱交渉に向けた政府の方針について国民の信を問うことで、首相としての足場を固める狙いがある。

この発表を受けてあるEU当局者は「(総選挙によって)有権者の強力な支持を得た強い英国のリーダーがわれわれとの交渉に当たる結果になるとの期待がある」と指摘した。

EU交渉担当者らはこれまで、ブレグジットを巡って英与党や有権者の意見が割れていることについて、交渉の期限とされる2019年3月までに離脱の条件で合意し、秩序ある離脱プロセスを実現することへの妨げになるとして懸念を示していた。

メイ首相がEU離脱に伴って欧州単一市場からも離脱する意向を示したことから、EUでは英国残留への望みは薄れ、その代わり英国に続く離脱国が出ないよう、結束して厳しい姿勢で英国との交渉に臨もうとする方針に傾いている。

トゥスクEU大統領は英総選挙実施の発表を受けてツイッターで、「ブレグジットはヒッチコックが監督したに違いない。最初に地震が起こり、その後緊張が高まる」とつぶやき、劇的な展開を映画監督のアルフレッド・ヒッチコック氏の作品になぞらえた。

トゥスク氏の報道官は、英国との離脱交渉に向けたEU側の日程に変更はないことを明らかにした。今後は4月29日にEU首脳会議が予定されており、交渉は6月に始まるとみられている。

ブレグジットからの離脱には「ノー」

世論調査では、メイ首相の与党・保守党は最大野党・労働党を支持率で大幅に上回っており、総選挙では圧勝するとみられる。

ドイツ与党・キリスト教民主同盟(CDU)幹部のノルベルト・レットゲン氏は「ブレグジットからの離脱に望みを抱く根拠はまったくない」と述べ、総選挙が英国のEU残留につながる可能性を否定した。

ニュース速報

ビジネス

神戸製鋼、不正発覚を隠蔽 数社からコスト負担請求も

ワールド

スペイン政府、カタルーニャ州で1月に選挙実施方針=

ビジネス

JR東、神鋼の不正アルミ使用の新幹線台車部品を順次

ビジネス

ECB、資産買入れ縮小を来週決定へ=オーストリア中

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 5

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 8

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月