最新記事

ブレグジット

EU、英メイ首相の総選挙実施を歓迎 国内基盤強化に期待

2017年4月19日(水)10時10分

4月18日、欧州連合(EU)は、6月8日の英国の総選挙実施について、EU離脱(ブレグジット)を推し進めるメイ首相の国内基盤強化につながるとして歓迎する姿勢を表明した。写真は英国とEUの旗、ロンドン市内で3月撮影(2017年 ロイター/Peter Nicholls)

欧州連合(EU)は、6月8日の英国の総選挙実施について、EU離脱(ブレグジット)を推し進めるメイ首相の国内基盤強化につながるとして歓迎する姿勢を表明した。一方、EU当局者の間では、総選挙の結果が離脱方針の撤回につながるとの見方はほとんど示されていない。

メイ首相は18日、総選挙を前倒しする意向を表明。離脱交渉に向けた政府の方針について国民の信を問うことで、首相としての足場を固める狙いがある。

この発表を受けてあるEU当局者は「(総選挙によって)有権者の強力な支持を得た強い英国のリーダーがわれわれとの交渉に当たる結果になるとの期待がある」と指摘した。

EU交渉担当者らはこれまで、ブレグジットを巡って英与党や有権者の意見が割れていることについて、交渉の期限とされる2019年3月までに離脱の条件で合意し、秩序ある離脱プロセスを実現することへの妨げになるとして懸念を示していた。

メイ首相がEU離脱に伴って欧州単一市場からも離脱する意向を示したことから、EUでは英国残留への望みは薄れ、その代わり英国に続く離脱国が出ないよう、結束して厳しい姿勢で英国との交渉に臨もうとする方針に傾いている。

トゥスクEU大統領は英総選挙実施の発表を受けてツイッターで、「ブレグジットはヒッチコックが監督したに違いない。最初に地震が起こり、その後緊張が高まる」とつぶやき、劇的な展開を映画監督のアルフレッド・ヒッチコック氏の作品になぞらえた。

トゥスク氏の報道官は、英国との離脱交渉に向けたEU側の日程に変更はないことを明らかにした。今後は4月29日にEU首脳会議が予定されており、交渉は6月に始まるとみられている。

ブレグジットからの離脱には「ノー」

世論調査では、メイ首相の与党・保守党は最大野党・労働党を支持率で大幅に上回っており、総選挙では圧勝するとみられる。

ドイツ与党・キリスト教民主同盟(CDU)幹部のノルベルト・レットゲン氏は「ブレグジットからの離脱に望みを抱く根拠はまったくない」と述べ、総選挙が英国のEU残留につながる可能性を否定した。

ニュース速報

ビジネス

アングル:ジャクソンホール、欧米中銀トップのメッセ

ビジネス

ドンキホーテHD、ユニー株式の40%を取得 GMS

ビジネス

米ディズニー、「スター・ウォーズ」キャラ捕獲イベン

ビジネス

欧州航空当局、A350のシステム更新を指示 油圧系

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    コンゴ「武器としての性暴力」と闘う医師に学ぶこと

  • 5

    タンザニアで迫害されるアルビノの命の歌

  • 6

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 7

    米財務長官の美人妻、高級ブランド自慢で中間層を敵…

  • 8

    「普通の国」日本の戦争できない未来

  • 9

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 7

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 10

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月