最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

大荒れの民主党大会で会場を鎮めたミシェルのスピーチ

2016年7月27日(水)15時30分
渡辺由佳里(エッセイスト)

 党大会には予備選で負けた候補を支援する代議員も集まるので、どの党大会でも会場には不満を抱える党員がいる。だがこれほど無礼な振る舞いは近年なかっただろう。(マーティン・ルーサー・キング・ジュニアやロバート・ケネディが暗殺された)1960年代の激動の時代以来ではないかと、政治評論家が語る程だ。

 サンダース支持のマークレイやシルバーマンまで野次で妨害された。そんな大荒れの雰囲気を収めたのが、ミシェル・オバマだった。彼女がヒラリー支援を宣言したときに、サンダース支持者からは、ブーイングや「バーニー! バーニー!」というチャントが起こったが、「8年前に(予備選に敗れたヒラリーが)指名を得ることができなかったとき、彼女は怒ったり、幻滅したりはしなかった」と、スピーチで間接的にたしなめた。

 アメリカのポジティブな面に焦点を絞ったミシェルのスピーチは、怒りや憎しみをかきたてるトランプとは対称的で、特に次の部分は聴衆全体の心を掴んだ。「私は、奴隷が建てた家(ホワイトハウス)で、毎朝目覚めます。そして、私の娘たち、賢くて美しい2人の若い黒人女性がホワイトハウスの芝生で犬と戯れるのを眺めます。ヒラリー・クリントンのおかげで、私たち全員の息子や娘たちは、女性が大統領になるのを当たり前だと思えるようになるのです」

 ミシェルに続くウォーレンとサンダースのスピーチでも野次やブーイングは起こったが、ミシェルのスピーチを境に雰囲気は次第に落ち着いていった。

【参考記事】トランプ、NATO東欧の防衛義務を軽視

 党大会初日を終えた時点で、以前から取材を続けているサンダース支持者の感想を聴くと、彼らが二つに分かれ始めているのを感じる。

 一つは、「バーニー(サンダース)が何を言おうが、ヒラリーには絶対に投票しない。ヒラリーも民主党も腐っている」という、「Bernie Or Bust(バーニーでなければ破壊)」のグループだ。

 もう一つは、「トランプが勝ったら、彼が最高裁判事を任命することになる。その場合には、長年かけてリベラルが勝ち取ってきた、中絶の権利、同性婚の権利、人種や宗教による差別の禁止、などが奪われてしまう。ヒラリー当選を応援するしかない」と、危機感を覚えるグループだ。

 サラ・シルバーマンは、会場でブーイングをしているサンダース支持者に向かって「ちょっと言わせてもらえる? Bernie or Bustの人たち、あんたたち、馬鹿げているわよ」と、話しかけていたが、私が取材したサンダース支持者の一人も「彼らの行動は、バーニーがせっかく始めた改革を妨害する逆効果しかない」と苛立ちを露わにしている。

 だが前回2008年の選挙でヒラリーを応援した民主党員の1人は、「落胆しているサンダース支持者の気持ちはわかる」と言う。「選挙では、感情の投資が大きい。すべてをつぎ込んだ後ですっかり失うのは辛いものだ。特に、これが初めての人は、傷も深い。立ち直るのには時間がかかるだろうね」と。

ニュース速報

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

ワールド

北朝鮮、対話には兵器実験の持続的中止が必要 米国務

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 3

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 10

    宇宙国家アスガルディア、人工衛星の軌道投入成功を…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 5

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月