最新記事

米大統領選

トランプの新たな個人攻撃、「ヒラリーは夫の不倫相手の人生を破壊した」

共和党のライバル脱落で、本選で当たりそうなヒラリーに攻撃の的を絞ったトランプ陣営

2016年5月9日(月)16時00分
ミシェル・ゴーマン

具体性抜き トランプが持ち出したヒラリーの「恥ずべき」行為は単なる誹謗中傷なのか Jim Urquhart-REUTERS

 米大統領選の共和党候補に事実上確定した不動産王ドナルド・トランプが先週末、民主党最有力候補のヒラリー・クリントン前国務長官に対する新たな個人攻撃を開始した。夫のビル・クリントン元大統領の不倫相手だった女性たちに酷い仕打ちをしたというのだ。

「ヒラリーは彼女たちの後を追い回し、人生をめちゃめちゃにした」と、トランプはオレゴン州ユージーンでの集会で言った。「ヒラリーは信じられないほど意地が悪く卑劣なことをやってのける。彼女は女性たちに恥ずべきことをした」

 ビル・クリントンの不倫問題にトランプが初めて言及したのは昨年12月。ホワイトハウスのインターンだったモニカ・ルインスキーとクリントンの情事は選挙戦の「格好の話題」だと言った。そして先週、共和党の対立候補だったテッド・クルーズ上院議員とオハイオ州知事のジョン・ケーシックが指名獲得レースから撤退すると、トランプは改めて、11月の大統領選本選の相手になる可能性が高いヒラリーに照準を合わせた。

【参考記事】現実味を帯びてきた、大統領選「ヒラリー対トランプ」の最悪シナリオ

 トランプは、具体的な例は挙げずに参加者にこう尋ねた。「ヒラリー・クリントンがビル・クリントンの不倫相手たちに何をしたか聞いたことがあるかい? それでよく人のことを女性差別だなどと言えたものだ。勘弁して欲しいよ、まったく」

 共和党内ではトランプを大統領候補と認めることに対する反発も根強く、先週も有力者や予備選の元ライバルたちが相次いで、大統領候補としてトランプを支持しないとか、大統領候補を正式に選出する夏の党大会を欠席するなどという発言が相次いだ。

「あの顔に誰が投票する?」

 トランプのこれまでの女性蔑視発言は有名だ。共和党のディベートの司会を務めたFOXニュースのアンカーウーマン、ミーガン・ケリーに女性差別を追及されたときは、「ケリーは生理中で機嫌が悪かったんだろう」と言った。共和党のライバル候補で、米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)元最高経営責任者(CEO)のカーリー・フィオリーナについては「あの顔を見てみろ。だれが投票するだろうか」と言ったこともある。

【参考記事】トランプは、ヨーロッパを不安にさせる「醜いアメリカ人」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

サンタンデール、財務目標据え置き 金融不安でも融資

ワールド

日中、防衛当局間のホットライン運用開始 不測の事態

ビジネス

国債買い入れ、4─6月は1年超以上のオファー額のレ

ワールド

政府のこども政策、少子化反転へ3年間で集中取り組み

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:小泉悠×河東哲夫 ウクライナ戦争 超分析

2023年4月 4日号(3/28発売)

戦争の「天王山」/ウクライナ戦車旅団/プーチンの正体......。日本有数のロシア通である2人の特別対談・前編

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    生地越しにバストトップが... エムラタ、ばっさりショートに「透け過ぎ」衣装でベッドにごろり

  • 2

    北朝鮮軍の「エロい」訓練動画に世界が困惑!

  • 3

    女性兵士50人が犠牲に...北朝鮮軍が動揺した「鬼畜事件」

  • 4

    ロシアとの戦いで「ウクライナ軍は世界一の軍隊にな…

  • 5

    北朝鮮の「プリンセス」キム・ジュエ、栄養失調の国民よ…

  • 6

    「体が大きく曲がったクジラを目撃した!」──スペイン

  • 7

    モスクワ上空に不気味な「黒い輪」出現 正体めぐり…

  • 8

    ハリウッドの「モテ女」エミリー・ラタコウスキーが…

  • 9

    戦争の焦点は「ウクライナ軍のクリミア奪還作戦」へ…

  • 10

    【レア動画4選】ウクライナとロシア戦車の一騎討ち<…

  • 1

    生地越しにバストトップが... エムラタ、ばっさりショートに「透け過ぎ」衣装でベッドにごろり

  • 2

    「見られる価値のない体なんてない」 車椅子に乗った障がい者女性が下着モデルに...批判にも大反論

  • 3

    大丈夫? 見えてない? テイラー・スウィフトのライブ衣装、きわどすぎて観客を心配させる

  • 4

    金融のドミノ倒し、次はドイツ銀行か

  • 5

    北朝鮮軍の「エロい」訓練動画に世界が困惑!

  • 6

    女性兵士50人が犠牲に...北朝鮮軍が動揺した「鬼畜事…

  • 7

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほ…

  • 8

    北朝鮮の「プリンセス」キム・ジュエ、栄養失調の国民よ…

  • 9

    「次は馬で出撃か?」 戦車不足のロシア、1940年代の…

  • 10

    「ベッドでやれ!」 賑わうビーチで我慢できなくなっ…

  • 1

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 2

    推定「Zカップ」の人工乳房を着けて授業をした高校教師、大揉めの末に休職

  • 3

    【写真6枚】屋根裏に「謎の住居」を発見...その中には...

  • 4

    ざわつくスタバの駐車場、車の周りに人だかり 出て…

  • 5

    生地越しにバストトップが... エムラタ、ばっさりシ…

  • 6

    年金は何歳から受給するのが正解? 早死にしたら損だ…

  • 7

    【悲惨動画3選】素人ロシア兵の死にざま──とうとう…

  • 8

    プーチンの居場所は、愛人と暮らす森の中の「金ピカ…

  • 9

    ウクライナ軍兵士の凄技!自爆型ドローンがロシア戦…

  • 10

    「この世のものとは...」 シースルードレスだらけの…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中