最新記事

事件

不明のエジプト航空機、A320は普通は落ちない-専門家

Egyptair Flight MS804: Airbus A320 Aircraft 'Don't Just Crash'

2016年5月20日(金)14時50分
アンソニー・カスバートソン

The YottaTube / REUTERS

<昨日地中海上空で消息を絶ったエジプト航空機は、機体が安全性の高さで知られるエアバスA320型機だったことなどから、テロによる爆破の疑いが強いと航空専門家はみる。航空機が相次いでテロに狙われているエジプトの観光業へのダメージも大きい>(写真は不明機と同じエアバスA320型のエジプト航空機)

 昨日午前に地中海の上空で消息を絶ったパリ発カイロ行きのエジプト航空804便に使われていたエアバスA320型機は、短距離、中距離のフライトでは最も安全性が高い機種として知られる。

 1988年の就航以来、世界中で9800万回飛んでいるが、死亡事故は12回しか起きていない。事故原因のほとんどはパイロットの操縦ミスかテロ行為だ。

 A320型のシリーズ機種(A318、A319、A321)を合わせると、300社以上の航空会社が採用しているとエアバスは話している。

【参考記事】快適からどんどん遠ざかる空の旅
【参考記事】イラン経済制裁が生んだ「命がけの」老朽旅客機

 今週エジプト航空機が不明になった理由については、多くの推測が飛び交っている。その中には航空機のトラブルという説もある。

 不明になった機体は、2003年から804便に使用され、フライト回数は約4万8000回。使用年数も回数も耐用基準を越えていないことから、航空専門家は機械的なトラブルが原因だった可能性は低いと見ている。

操縦していたのはコンピューター?

「A320は、格安航空会社からブリティッシュ・エアウェイズ、エールフランスといった大手まであらゆる航空会社で使用されている」と、30年以上航空コンサルタント会社を経営しているニール・ハンスフォードは言う。

「短距離、中距離の航空市場の中核機だ。運航履歴を見ても安全性が高く、過去に発生した大きな事故は、いずれもパイロットの操縦ミスが原因で、機械的なトラブルではない。他に理由がなければ墜落する機体ではない」

 ハンスフォードによると、機体が消息を絶ったのは高度1万1000メートルを飛行中で、通常ならパイロットが直接操縦はしていない状態だ。

「高度1万1000メートルでは何も起こらない」と、ハンスフォードは言う。「多くの自動操縦システムが機能しているため、A320は実質的にコンピューターが操縦している」

「それだけに機体に関する問題があったとは考えられない。爆発物の方が遥かに可能性が高い」

【参考記事】ロシア機「爆破」情報で緊迫するシナイ半島

 異常があればそれを知らせるシステムも二重三重に備えており、それが作動しなかったのもおかしいという指摘もある。

ニュース速報

ワールド

アイルランド、政権崩壊の危機 12月のEUサミット

ビジネス

ファミマがコインランドリー事業に参入、20年2月末

ワールド

米国は強力なアジア関与を、中国の影響力拡大に懸念=

ビジネス

イタリア、17年成長率は1.5%上回る可能性─パド

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 3

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 4

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    北朝鮮、亡命の兵士を追って軍事境界線を越境してい…

  • 7

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 8

    ジャーマンシェパード2頭に1頭が安楽死 見た目重視…

  • 9

    もう体に合わないことはない! ZOZO、採寸用ボディ…

  • 10

    NYは毒入りリンゴ? 子ども5400人が鉛中毒に

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 8

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月