最新記事

事件

不明のエジプト航空機、A320は普通は落ちない-専門家

Egyptair Flight MS804: Airbus A320 Aircraft 'Don't Just Crash'

2016年5月20日(金)14時50分
アンソニー・カスバートソン

The YottaTube / REUTERS

<昨日地中海上空で消息を絶ったエジプト航空機は、機体が安全性の高さで知られるエアバスA320型機だったことなどから、テロによる爆破の疑いが強いと航空専門家はみる。航空機が相次いでテロに狙われているエジプトの観光業へのダメージも大きい>(写真は不明機と同じエアバスA320型のエジプト航空機)

 昨日午前に地中海の上空で消息を絶ったパリ発カイロ行きのエジプト航空804便に使われていたエアバスA320型機は、短距離、中距離のフライトでは最も安全性が高い機種として知られる。

 1988年の就航以来、世界中で9800万回飛んでいるが、死亡事故は12回しか起きていない。事故原因のほとんどはパイロットの操縦ミスかテロ行為だ。

 A320型のシリーズ機種(A318、A319、A321)を合わせると、300社以上の航空会社が採用しているとエアバスは話している。

【参考記事】快適からどんどん遠ざかる空の旅
【参考記事】イラン経済制裁が生んだ「命がけの」老朽旅客機

 今週エジプト航空機が不明になった理由については、多くの推測が飛び交っている。その中には航空機のトラブルという説もある。

 不明になった機体は、2003年から804便に使用され、フライト回数は約4万8000回。使用年数も回数も耐用基準を越えていないことから、航空専門家は機械的なトラブルが原因だった可能性は低いと見ている。

操縦していたのはコンピューター?

「A320は、格安航空会社からブリティッシュ・エアウェイズ、エールフランスといった大手まであらゆる航空会社で使用されている」と、30年以上航空コンサルタント会社を経営しているニール・ハンスフォードは言う。

「短距離、中距離の航空市場の中核機だ。運航履歴を見ても安全性が高く、過去に発生した大きな事故は、いずれもパイロットの操縦ミスが原因で、機械的なトラブルではない。他に理由がなければ墜落する機体ではない」

 ハンスフォードによると、機体が消息を絶ったのは高度1万1000メートルを飛行中で、通常ならパイロットが直接操縦はしていない状態だ。

「高度1万1000メートルでは何も起こらない」と、ハンスフォードは言う。「多くの自動操縦システムが機能しているため、A320は実質的にコンピューターが操縦している」

「それだけに機体に関する問題があったとは考えられない。爆発物の方が遥かに可能性が高い」

【参考記事】ロシア機「爆破」情報で緊迫するシナイ半島

 異常があればそれを知らせるシステムも二重三重に備えており、それが作動しなかったのもおかしいという指摘もある。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮で揺れを観測と中国当局、韓国は「自然の地震」

ビジネス

ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU

ビジネス

米12月利上げに予断なし、低インフレをなお懸念=ダ

ワールド

北朝鮮、水爆実験強硬なら分水嶺 米国は深刻に受け止

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 3

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 4

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    日本はなぜここまで教育にカネを使わないのか

  • 7

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 8

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 9

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 4

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 8

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月