最新記事

英王室

エリザベス女王90歳 素顔がのぞく珍言集

QUEEN ELIZABETH II

ユーモアあふれる人柄がうかがえる過去の発言を振り返る

2016年4月28日(木)15時30分
ニューズウィーク日本版編集部

意外な素顔 今月21日に90歳の誕生日を迎えたエリザベス女王 Chris Jackson-REUTERS

 4月21日に90歳の誕生日を迎えたイギリスのエリザベス女王。25歳で即位して以来、在任期間は64年に達し、昨年ビクトリア女王の在位最長記録を更新。さらに同年、サウジアラビアのアブドラ国王が死去したことで、世界最高齢の君主となった。

 誕生日当日には、夫のエディンバラ公フィリップ殿下(94)とウィンザー城下で市民の祝福に笑顔で応え、誕生日を記念して国内や英連邦諸国1000カ所以上でともされるかがり火の点火式にも参加。公式な祝賀行事は6月に盛大に行われる予定で(バッキンガム宮殿前の大通りで1万人近いゲストを招いた巨大パーティーなど)、誕生日フィーバーはまだ続きそうだ。

 今も精力的に公務をこなし続ける姿が(昨年だけで341に上る)、国民から高い支持を集めている。公の場ではどんな時も節度ある姿勢を崩さない女王だが、実際はユーモアあふれる人柄だと、身近な人々は口をそろえる。そんな素顔がうかがえるこれまでの発言を振り返ってみると......。




ものすごく年を取った気分にさせてくれて感謝します

昨年催された英連邦サミットのレセプションパーティーのスピーチにて。カナダのトゥルドー首相(44)が、女王が1935年以来、同国と重ねてきた長い歴史をたたえる演説をした後で




そうよ、でもこういうのじゃないわ

画家ルシアン・フロイドの作品を見にギャラリーを訪れた際のこと。裸の女性の絵ばかりが並ぶコーナーで、キュレーターに「フロイドは陛下の肖像画も描いたんですよね?」と聞かれ、声をひそめてこう答えた




今日は皆さんから私がちゃんと見えるといいのですが

91年の訪米中の議会演説で。この2日前にホワイトハウスで開かれた会見で、演壇の高さがブッシュ大統領に合わせたままだったため、女王の姿がほとんど見えない事態に。米政府の失態をユーモアで丸く収めた




あなたに何かあっても困らないけど、他の首脳はそうはいかないのよ

湾岸戦争の最中だった90年にバグダッドを電撃訪問し、フセイン大統領と会談したヒース英元首相が、他国の首脳もフセインと話し合うべきだと言った際、ユーモアたっぷりに答えて




ギターは長いことされているの?

05年、バッキンガム宮殿で英音楽界のスターたちを招いたレセプションで、エリック・クラプトンに尋ねて。レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジにも「あなたもギタリストなの?」と笑顔で質問

[2016年5月 3日号掲載]

ニュース速報

ワールド

朴前大統領の逮捕状、ソウル中央地裁が30日から審査

ビジネス

英HSBC、年内にあと2回の米利上げを予想

ビジネス

財政中長期試算は楽観的、教育国債に慎重=自民・鈴木

ワールド

アングル:車で攻撃、「原始的手法」回帰のなぜ

MAGAZINE

特集:ミャンマー 語られざる民族浄化

2017-3・28号(3/21発売)

民主化したミャンマーで続く現代のホロコースト。虐殺され続けるロヒンギャになぜ世界は無関心なのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプの燃費規制緩和、メーカー側の勝利か

  • 2

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 3

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 4

    「スイッチ」で任天堂はよみがえるか

  • 5

    情で繋がり、情でつまずく保守の世界~森友学園以外…

  • 6

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 7

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 8

    スペシャルドラマ『LEADERS II』が日本を熱くする!

  • 9

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 10

    トランプ、オバマケア代替法案の否決恐れて撤回指示

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 6

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 7

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 8

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 9

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 10

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 4

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

  • 10

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月