最新記事

テロ

トルコ首都の中心部で自爆テロ、34人死亡・125人負傷

行政の中枢を狙った爆破攻撃は、この1カ月足らずで2回目

2016年3月14日(月)10時07分

 3月13日、トルコの首都アンカラ中心部で爆破攻撃があり、多数の死傷者が出た。写真は炎上する自動車(2016年 ロイター/Mehmet Ozer)

[アンカラ 13日 ロイター] - トルコの首都アンカラ中心部で13日、自動車が爆発し34人が死亡、負傷者は125人に上っている。

行政の中枢を狙った爆破攻撃は、この1カ月足らずで2回目。今回の爆発は数キロメートル離れた場所でも爆発音が聞こえるほど大規模で、法務省や内務省、裁判所などがある官庁街から数百メートルの場所に燃えた破片が降り注いだ。

ミュエジンオール保健相は、爆発を起こした容疑者少なくとも1─2人が死者に含まれているとの見方を示した。これまでのところ、30人が爆発現場で死亡し、4人は搬送先の病院で死亡した。負傷者125人のうち、19人が重体だという。

治安当局の2人の高官はロイターに対し、非合法武装組織クルド労働者党(PKK)あるいは関連組織が関与した可能性があるとの見方を示した。

エルドアン大統領は、声明を発表し、市民がテロリスト組織の標的になったとした上で、自衛の権利を決して放棄しないと表明した。

「わが国の統一性や国家の結束を脅かすこうした攻撃は、テロリズムと戦うわれわれの決意を弱めるどころか強める」と述べた。

これまでのところ犯行声明は出ていないが、アラ内相は、初期段階の調査を進め、14日には関与した組織の名前を公表できるとの見通しを示した。

*内容を追加しました。

[アンカラ 13日 ロイター]

120x28 Reuters.gif
Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海め

ビジネス

戴シャープ社長、東証1部復帰後に退任の意向

ワールド

伊首相の辞意表明、引き続き政治動向を注視=菅官房長

ワールド

1回の会談で解決できるような問題ではない=日ロ交渉

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 2

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 3

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 4

    タイ新国王が即位しても政情不安は解消されない

  • 5

    百田尚樹氏の発言は本当に「ヘイトスピーチ」なのか…

  • 6

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 7

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 8

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    エディ・レッドメインは「力のある俳優」

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 3

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 4

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底か…

  • 5

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 6

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 7

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 8

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 9

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 10

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 6

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月