最新記事

欧州難民危機

メルケル率いる与党の若手幹部、難民選別の「国境センター」を提案

EUの難民対策が進まずドイツにしわ寄せがきていることにCDU内部でも不満が高まる

2016年1月25日(月)18時05分

1月24日、メルケル独首相率いるCDUの幹部ユリア・クレックナー氏は、オーストリアとの国境沿いに「国境管理センター」を設置し、滞在資格がない移民や難民を速やかに本国送還することを提案した。写真はマインツで行われたCDU幹部会合で8日撮影(2016年 ロイター/Kai Pfaffenbach )

 ドイツのメルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)の幹部、ユリア・クレックナー氏は、オーストリアとの国境沿いに「国境管理センター」を設置し、滞在資格がないと判断した移民や難民を速やかに本国送還することを提案した。

 西部ラインラント・プファルツ州の責任者を務める同氏は、大量の難民流入に対して、首相が推進する欧州の解決策は正しい判断だとの考えを示し、同氏の提案は「それを補完するもの」だと述べた。

 今回の提案は、難民危機への欧州連合(EU)全体での取り組みが遅々として進まず、ドイツの多くの自治体のインフラが圧迫されていることに、CDU内部で不満が高まっていることを浮き彫りにした。

 ドイツは昨年1100万人の移民や難民を受け入れた。ドイツの対応能力をめぐる懸念や、昨年暮れに西部のケルンで発生した女性への暴行事件などを受けて犯罪や安全対策への不安が高まっており、CDUや姉妹政党であるキリスト教社会同盟(CSU)の支持率に陰りが見えている。

 独ビルト日曜版が委託した世論調査によると、CDU/CSUの支持率は先週から2%ポイント低下し36%となった。右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」は1%ポイント上昇し10%、メルケル政権の連立パートナー、社会民主党(SPD)が1%ポイント上昇の25%だった。

 メルケル首相は移民・難民に門戸を開く姿勢を崩さないことで次第に孤立を深めているように見えるが、一部の保守勢力が主張する移民制限や国境封鎖への圧力には抵抗してきた。

 首相は他の欧州諸国に働きかけて移民受け入れの割当制を導入し、流入ルートとなっているトルコに難民対策で協力を要請するなどしたが、状況はあまり進展していない。

 隣国のオーストリアは先週、移民・難民の今年の受け入れ人数を3万7500人に制限する方針だとし、数カ月で上限に達する可能性があるとの見方を示した。

 首相後継者の有力候補を自認するクレックナー氏は自らの政策方針書において、欧州各国の難民登録センターの処理作業を支援するとともに、オーストリアとの境界に設ける国境センターで難民不適格者の本国送還を加速させることで、ドイツの自治体の負担を和らげることができると述べた。

 

[ベルリン 24日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは112円前半、さえない株価や米長期金利

ワールド

EU、イラン核合意を改めて支持 米議会に制裁再発動

ビジネス

情報BOX:第2回日米経済対話、共同声明の要旨

ビジネス

前場の日経平均は11日続伸、米株高受け連日の高値更

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 8

    イタリア老舗ブランドの、本革じゃないバッグを選ぶ…

  • 9

    アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

  • 10

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 8

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 9

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 10

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月