最新記事

イスラム過激派

アルカイダは「ISISを容認せず」

Difference Between Al-Qaeda And ISIS

アルカイダ系で最大の組織の指導者が、斬首の撮影と拡散は邪道とISISを非難したが

2014年12月19日(金)12時07分
アレッサンドリア・マシ

 イエメンを拠点とするアルカイダ系武装組織「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」が、スンニ派テロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)と一線を画そうとしている。ISISの斬首ビデオを「野蛮だ」と非難し、アルカイダの戦略こそアメリカを倒す唯一の聖戦だとうたっているのだ。

 AQAPの指揮官ナスル・イブン・アリ・アルアンシは先週、ネット動画を通じて「初の国際的な記者会見」を行った。「イスラムと聖戦の名において斬首を撮影し、映像を広めることは大きな間違いであり、容認できない」とISISを糾弾したアルアンシ。その上で、ISISはアメリカとの戦いにおいて集中力を欠いていると批判した。

 2つのグループはアメリカと戦うという同じ目標を掲げているが、持続可能な戦略を持っているのはアルカイダだとアルアンシは述べた。AQAPは以前から、ISISの指導者アブ・バクル・アル・バグダディが自身を預言者ムハンマドの後継者たるカリフ(最高権威者)だと宣言したことについて、正当性を欠くと非難。世界のイスラム過激派内に分裂をもたらしたと訴えてきた。

「われわれのイスラムの教えの説き方はISISとは異なる」とアルアンシは語る。彼に言わせれば、AQAPの指揮官たちは恐怖で支配しようとしていないため、戦闘員の団結力が強い。

 皮肉にも、アルカイダはアメリカ人ジャーナリストの斬首処刑の動画を流した最初のテロ組織だ。ウォール・ストリート・ジャーナルの記者ダニエル・パールのおぞましい殺害映像は02年に公開された。

 AQAPは世界に散らばるアルカイダ系組織の中で最大規模であり、アメリカにとって最も深刻な脅威とみられている。「記者会見」は、今月初めに米軍がAQAPに拘束されている人質の救出作戦を遂行する前に撮影された。作戦は失敗に終わり、AQAPは人質2人を射殺した。人質を取っては殺す非道性は、アルカイダもISISも変わりないのだが。

© 2014, Slate

[2014年12月23日号掲載]

ニュース速報

ワールド

世界経済は改善、地政学リスク残る=豪中銀総裁補

ワールド

米司法長官、移民の「聖域都市」批判強める 補助金停

ビジネス

正午のドルは111円半ば、FOMC前に一進一退

ビジネス

ユンケル欧州委員長の改革案、共通ビジョン構築促すべ

MAGAZINE

特集:対中外交の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 2

    中国とロシア、北朝鮮付近で海軍の合同軍事演習を開始

  • 3

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 4

    セレーナ・ゴメスに腎臓をあげた親友に考えられる健…

  • 5

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 6

    金正恩「北朝鮮は米国との軍事力で均衡を目指す」

  • 7

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 8

    北朝鮮を20年も放置した中国は責任を取るべき

  • 9

    米トイザラス、破産法適用申請 ウォルマートやアマ…

  • 10

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 1

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 2

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月