最新記事

エネルギー

中国が突き進む原発大国への道

China on Track to Beat 2020 Nuclear Power Targets

福島の事故を受けて中断されていた原発推進計画が、ここにきて再び加速している

2014年3月13日(木)16時48分
M・ロチャン

 中国各地で原子炉の新設を進め、2020年までに原子力による発電能力を58ギガワットに引き上げる──東日本大震災の福島第一原発事故でいったんペースダウンしていた中国の原発推進計画が、ここにきて再び勢いづいている。

 国有の原子力企業、中国核工業集団公司(CNNC)の孫勤(スン・チン)会長によれば、今後数カ月のうちに原子炉新設の承認手続きが加速するとみられ、20年までに20基、あるいはそれ以上が新たに建設される見込みだという。

 中国政府が進めるクリーンエネルギーへの移行計画も、原子力の民間利用を劇的に拡大する原動力になっている。中国には現在、原子炉が17基あるが、そこで生み出される電力は全体の2%以下。CNNCは浙江省の三門原子力発電所で2基の原子炉の建設を進めており、来年には稼働できる見込みだという。東芝傘下の米ウェスティングハウス・エレクトリック社が開発した新型原子炉AP1000が採用されており、高い発電性能が期待できる。

 2010年に工事が始まったものの、福島原発事故を受けて中断されていた海南島の原発建設についても、CNNCは工事再開の準備を進めている。ただし、当局の承認を得るのに2,3年かかる見込みだと孫は語っている。

 中国政府は11〜15年の5カ年計画の期間中に4〜6基、続く15〜20年の新5カ年計画でさらに6〜8基の新設を承認するとみられる。「非化石エネルギーの割合を2020年までに15%に引き上げるという政府の目標を達成するうえで、原発は重要な役割を担うだろう」と、孫は語る。CNNCは新株発行で30億ドルの調達をめざしているが、「調達額は市場に左右される。今年中に実現させたい」と、孫は言う。

ニュース速報

ワールド

カーター元米大統領が訪朝に意欲、トランプ政権は消極

ワールド

アルゼンチン議会選、与党が勝利 前大統領への支持広

ビジネス

衆院選後の株高は業績期待、市場は日米の中銀人事など

ワールド

日米首脳が電話会談、北朝鮮への圧力で一致 衆院選結

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・後編)

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 9

    衆院選、自公が300議席超えか 希望は伸び悩み・立憲…

  • 10

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 8

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月