最新記事

エネルギー

中国が突き進む原発大国への道

China on Track to Beat 2020 Nuclear Power Targets

福島の事故を受けて中断されていた原発推進計画が、ここにきて再び加速している

2014年3月13日(木)16時48分
M・ロチャン

 中国各地で原子炉の新設を進め、2020年までに原子力による発電能力を58ギガワットに引き上げる──東日本大震災の福島第一原発事故でいったんペースダウンしていた中国の原発推進計画が、ここにきて再び勢いづいている。

 国有の原子力企業、中国核工業集団公司(CNNC)の孫勤(スン・チン)会長によれば、今後数カ月のうちに原子炉新設の承認手続きが加速するとみられ、20年までに20基、あるいはそれ以上が新たに建設される見込みだという。

 中国政府が進めるクリーンエネルギーへの移行計画も、原子力の民間利用を劇的に拡大する原動力になっている。中国には現在、原子炉が17基あるが、そこで生み出される電力は全体の2%以下。CNNCは浙江省の三門原子力発電所で2基の原子炉の建設を進めており、来年には稼働できる見込みだという。東芝傘下の米ウェスティングハウス・エレクトリック社が開発した新型原子炉AP1000が採用されており、高い発電性能が期待できる。

 2010年に工事が始まったものの、福島原発事故を受けて中断されていた海南島の原発建設についても、CNNCは工事再開の準備を進めている。ただし、当局の承認を得るのに2,3年かかる見込みだと孫は語っている。

 中国政府は11〜15年の5カ年計画の期間中に4〜6基、続く15〜20年の新5カ年計画でさらに6〜8基の新設を承認するとみられる。「非化石エネルギーの割合を2020年までに15%に引き上げるという政府の目標を達成するうえで、原発は重要な役割を担うだろう」と、孫は語る。CNNCは新株発行で30億ドルの調達をめざしているが、「調達額は市場に左右される。今年中に実現させたい」と、孫は言う。

ニュース速報

ワールド

ペンス米副大統領、EU首脳と会談 強い欧米関係維持

ワールド

ロシアのチュルキン国連大使、NYで執務中に急死

ビジネス

ポンド上昇、英上院はEU離脱交渉法案の審議開始

ワールド

トランプ米大統領、軍中将を大統領補佐官に指名 フリ

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

人気ランキング

  • 1

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 2

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 3

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 4

    金正男暗殺は10名が関与、4人は国外へ 現地警察が初…

  • 5

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 6

    トランプ初の単独会見は大荒れ けんか腰の大統領に…

  • 7

    トランプ大統領、スウェーデンの移民受け入れめぐる…

  • 8

    日本が危ない!? 福島原発の放射能フェイクニュース…

  • 9

    【写真特集】置き去りにされた被災者家族の願い

  • 10

    トランプ「メディアは国民の敵」、独裁につながる=…

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 3

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機会を狙っていた

  • 4

    北朝鮮独裁者、「身内殺し」の系譜

  • 5

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 6

    「線路立ち入りで書類送検」が他人事でなくなる侵入…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 9

    一般市民まで脅し合う、不信に満ちた中国の脅迫社会

  • 10

    南シナ海、米中戦争を起こさず中国を封じ込める法

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデターもあり

  • 3

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 4

    東芝が事実上の解体へ、なぜこうなったのか?

  • 5

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文…

  • 8

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 9

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

  • 10

    アパホテル炎上事件は謝罪しなければ終わらない

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月