最新記事

朝鮮半島

北朝鮮「権力闘争」が招いた砲撃事件

Pyongyang Strike Throws Korean Peninsula Into Crisis

北朝鮮による韓国の砲撃は、金正恩の体制固めを口実に軍の強硬派がのさばり始めた証拠だ

2010年11月24日(水)17時34分
横田孝(本誌編集長・本誌国際版東京特派員)、ジェリー・グオ、メリンダ・リウ(北京支局長)、クリストファー・ディッキー

 北朝鮮が韓国の島を砲撃し、ここ最近の歴史では初めて民間人の負傷者が出たことで、朝鮮半島は一気に緊迫モードに突入した。韓国は北朝鮮がまた挑発すればミサイル基地を攻撃すると警告。韓国兵は2人が死亡、兵士15人が負傷。民間人も3人が傷を負い、23日に砲撃を受けた韓国領の延坪(ヨンピョン)島の住民は避難を始めた。

 北朝鮮専門家たちに言わせれば、今回の砲撃はアメリカを対話に応じさせ、6カ国協議で譲歩を引き出すための脅迫らしい。大統領府の地下壕にある国家危機管理センターにこの日集まった韓国首脳たちもそう理解しているようだ。外務省のある高官は「彼らが考えていることは誰もはっきりと分からない。だが6カ国協議復帰が関係している可能性はある」と語った。

 本当にそうだろうか。北朝鮮がアメリカを交渉のテーブルに引きずり出すためにこの蛮行に及んだ、というのは若干短絡的な推測だろう。

 むしろ、世界はこれから、金正日(キム・ジョンイル)総書記が父である金日成(キム・イルソン)主席から政権を受け継いだ前回の権力移譲以来、見たこともない強硬策への転換を目の当たりにするだろう。延坪島への砲撃は、46人の韓国兵が死亡した3月の韓国海軍哨戒艦「天安」の沈没事件と同じ海域で発生した。また先週末には、北朝鮮で2つ目のウラン濃縮施設が建設されていることが明らかになった。多くの専門家は北朝鮮軍による3度目の核実験がいつ行われてもおかしくないと考えている。

将軍様が頼り切るタカ派の軍幹部

 今回の攻撃で分かったのは、「将軍様」が最近後継者に選んだ童顔の三男、金正恩(キム・ジョンウン)がすでに「先軍」国家で自身の権力基盤を固め始めたということ。最近の強硬路線は政権を引き継ぐ目前だったころの金正日の動きに似ている。83年、ビルマの首都ラングーンで起きた韓国の全斗煥(チョン・ドゥファン)大統領の暗殺未遂事件は金正日が指揮したと考えられている。全大統領の暗殺は失敗に終わったが、この事件では韓国の閣僚数名を含む21人が死亡した。

 冷戦時代さながらのやり方への逆戻りは、北朝鮮軍上層部の強硬派が復活したことを意味している。彼らは若い正恩に対する影響力をますます強めている。この2年間、穏健派の外務官僚の代わりに、国防委員会や朝鮮人民軍といった軍事部門が好戦的な声明を繰り返し発表してきた。お得意の欧米や韓国非難を外交官ではなく軍人がするのは、これまでほとんどなかったことだ。

 今回の砲撃も一見、北朝鮮がこれまでアメリカや韓国の注意を引くために行ってきた威嚇と同じように見える。だがこの戦術を機能させる要だった穏健派はすでに蚊帳の外だ。政策決定のカギを握るのは、金正日が頼りにするタカ派の軍幹部たち。北朝鮮の権力構造は急速に変化している。今年9月、軍経験がない正恩に朝鮮人民軍大将の称号が授与された。正恩のぐらつく後継体制を強固なものにするため、金正日は軍幹部たちの世話になっているようだ。

 今回の砲撃事件が起こるまで、メディアは北朝鮮が6カ国協議に復帰すると推測しつづけた。

 しかし、必ずしも北朝鮮に交渉に戻る意志があったようにはみえない。まず歴史的に見て、北朝鮮は政治力が弱体化した国家指導者と取引したためしがない。中間選挙で民主党が大敗したアメリカでも、内閣支持率が政権発足後最低レベルに急落した日本でも指導者は追い詰められている。

 より戦略的に言えば、2012年にはアメリカと韓国とロシアで大統領選があり、中国の胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席が交代する。同年は北朝鮮が「強盛大国の門を開く」年でもある。つまり、6カ国協議に参加するほとんどの国でトップが変わる可能性がある。北朝鮮にしてみれば、この状況で交渉をしても無駄と感じるだろう。

ニュース速報

ビジネス

米FRB、来年は2回の利上げ実施の見通し=ブラック

ビジネス

英中銀、性急な利上げはリスク伴う=ハルデーン理事

ビジネス

ブレイナードFRB理事、「フィンテック」の恩恵とリ

ビジネス

米雇用者数、11月は17.8万人増 失業率は約9年

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃなかった

  • 3

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだった

  • 4

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 5

    7年後はマイルで宇宙へ? ANAとHIS、有人宇宙機運…

  • 6

    【動画】 ペットボトルを便利なヒモに変身させるカッ…

  • 7

    百田尚樹氏の発言は本当に”ヘイトスピーチ”なのか?…

  • 8

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 9

    警官の集団墓地、石打ち、化学兵器──ISIS最大拠点モ…

  • 10

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 1

    トランプも南シナ海の「主導権」追求へ 中国政府系シンクタンクが分析

  • 2

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底から資源業者が勝手に回収か

  • 3

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 4

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 5

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 6

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 7

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 8

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだ…

  • 9

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 10

    米国へ向かう中米移民急増 トランプ就任目前で駆け…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    まさかの逆転劇 トランプの支持率、クリントンを僅…

  • 6

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 7

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 8

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 9

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月