最新記事

外交

ハマス暗殺事件にキレるイギリス

British Authorities Summon Israeli Ambassador to Talk About Dubai Hit-Team Probe

ドバイのホテルでパレスチナ過激派ハマス幹部を殺害した犯行グループが、イギリスなどの偽造旅券を所持していたことから問題が拡大。事件の背後にはイスラエルの影が……

2010年2月19日(金)17時49分
マーク・ホーゼンボール(ワシントン支局)

 1月にアラブ首長国連邦(UAE)で起こった暗殺事件の犯行グループがイギリスの偽造旅券を所持していた問題で、イギリス外務省は駐英イスラエル大使に面会を申し込み、18日に話し合いを行った。

 1月19日、ドバイのホテルの一室でパレスチナ過激派ハマスの幹部が暗殺される事件が発生。ドバイ当局は、犯行グループとされる11人の写真、名前、旅券番号を公表。彼らは偽の旅券を所持していて、そのうちイギリスの旅券を持っていたのが6人、アイルランドが3人で、ドイツとフランスが一人ずつだった。

 イギリス政府とアイルランド政府は、犯行グループに使われた旅券は不正に入手されたものか、偽造されたものだと発言した。この問題が明るみに出てからというもの、旅券に記載された名前と一致するイギリス人数名が名乗り出ている。彼らはこの件に何の関わりもないと主張し、なぜ自分の個人情報が盗まれたのか分からないと話している。

 英外務省が早急にイスラエル大使と面会したのにはわけがある。イギリスのメディアは今回の事件で、イスラエルに個人情報を盗まれたとする数人を取材し、報道。暗殺事件がイスラエルの情報機関モサドによる犯行の可能性があるとの見方を強めている。

 イギリスのメディアと、その報道を慎重に追うアメリカのメディアは、この事件をまるでスパイドラマのように仕立て上げている。

イスラエルは「だんまり」を決め込んでいるが

 ロンドン出身で30年以上前にイスラエルに移住したマイケル・バーニーは、英デイリー・メール紙の取材に応じた。ドバイの捜査官が公表した旅券の名前が自分のものだと知ると、「すぐに自分のパスポートを確認したが、ちゃんとあった。誰かが何らかの手段で私の個人情報を盗み出し、今回の犯行を実行するために使ったとしか考えられない」という。

 バーニーはメディアに、自分は4カ所も心臓バイパス手術を受けた体だと打ち明け、こう主張した。「私はスパイなんていうタマじゃない!」

 イスラエル側に18日の面会を申し込んだことについて、英外務省の公式声明は「大勢のイギリス人がイスラエルとのつながりを指摘されたことを受け、英外務省事務次官とイスラエル大使が面会する」と説明していた。

 面会の後、駐英イスラエル大使のロン・プローザーはイギリス、アイルランド当局者との話し合いで、イスラエル側は「追加情報は提供できなかった」と語っている。

 今後イギリス側は、英重大組織犯罪庁(SOCA)がUAE当局と協力しながら捜査を主導することになるだろう。

 イギリスだけではない。フランスなどの欧米諸国もイスラエルに対する圧力を強め、事件に関して詳細な情報を渡すよう要求。ドイツもイスラエル当局者を召還し、説明を求めている。

 アメリカはこの事件を静観する様子だ。米オバマ政権の当局者と米情報筋は、この件に関するコメントを拒否している。在米イスラエル大使館の広報官は本誌の取材に対し、「この件に関してコメントしない」と述べた。

 一方でイスラエルのアビグドル・リーベルマン外務大臣は17日、イスラエルが関与した証拠は何一つないとし、「イスラエルは返事も、肯定も否定もしない」と発言している。

 あるヨーロッパの政府関係者は、今回の話し合いが「面会」という形をとったことに注目。非公式の雑談以上のものだが、外交会談とはいえないレベルのものだったと指摘している。

 イギリスが外国政府に対して遺憾の意を示すときには通常、相手国の駐英大使を「召還した」と公式な発表が行われる。今回のケースでは、とりあえずまだこの言葉は使われていないようだ。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮局長「核保有は死活問題」、米国と協議計画せず

ワールド

焦点:中国の「バブル世代」、苦労知らずの若者が抱く

ワールド

アングル:中国バブル世代、若者が語る「夢と現実」

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    「新時代の中国」は世界の人権を踏みにじる

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    トランプの強気が招く偶発的核戦争

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    北朝鮮、オーストラリア議会などに書簡「米国からの…

  • 9

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 10

    ケリー首席補佐官が初会見で語った、北朝鮮とトランプ

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 7

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 8

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月