最新記事

英王室

メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で得た「称号」の意味とは

Meghan Markle's Full Titles: Is She A Princess?

2024年02月23日(金)09時20分
ジェームズ・クロフォード=スミス
メーガン妃

2025年にバンクーバーとウィスラーで開催される「インヴィクタス・ゲーム」のカウントダウンイベントに出席したメーガン妃(2024年2月)Dutch Press Photo/Cover Images via Reuters Connect

<法的には保持していても公務に就かないことから使用してはならない称号もある。「サセックス公爵夫人」とは何であり、そもそも今もプリンセス?>

2018年、ヘンリー王子と結婚して以来、メーガン妃が得た多くの称号についてたびたび議論されてきた。ヘンリー王子との間に生まれた子供たちは王位継承権を持つが、そもそもメーガン妃自身にはない。

一般に「サセックス公爵夫人」と呼ばれ、王子との結婚によって3つの称号を保持しているメーガン妃。しかし、それが「プリンセス」であることの正統性を示すものなのか。2018年の結婚から2000年の王室離脱、そして義父でチャールズ国王の即位までの変遷について本誌がおさらいする。

【関連画像】公務で服に値札が付いていたメーガン妃...後ろの女性も思わず二度見して苦笑 を見る

 

「王室の一員」としてのメーガン妃

2018年5月に、バークシャー州にあるウィンザー城でヘンリー王子と結婚したメーガン妃。世界中の何百万人もの人々がこの結婚式を見て祝福。そして、この結婚により「王室の一員」として公務をつとめることになった。

「王室の一員」であることは「働く王族」であるか否かには関係ない。したがって、夫妻が2020年に王室を離脱して公務から離れ、アメリカに移住しても変化はない。

「妃殿下(HRH)」

結婚を機に「妃殿下(HRH)」の称号を得たが、これは特定の王室メンバーとその配偶者に与えられるものである。

「殿下・妃殿下(HRH)」の称号使用は1917年にジョージ5世によって定められた規定によるもので、自らを「プリンス」「プリンセス」と呼ぶことについても制限を設けている。この規定では君主の男系の子孫とその配偶者が「殿下・妃殿下(HRH)」の称号を使用できるとある。

つまり、生まれながらにして「殿下(HRH)」の称号を保持するヘンリー王子と結婚した時点からメーガン妃も「妃殿下(HRH)」の称号を得たということになる。

夫妻が王室から離れたときに唯一変更があったのがこの称号の扱いであった。法的には「殿下・妃殿下(HRH)」は保持しつつも、「働かない王族」であるため、この称号を自ら使用しないことがバッキンガム宮殿との間で合意されたという。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「テニスボール貫通ピンヒール」の衝撃...ゼンデイヤ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 1

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 2

    女性の胎内で育てる必要はなくなる? ロボットが胚…

  • 3

    ジョージ王子とシャーロット王女が「完全シンクロ」…

  • 4

    キャサリン妃は「セレブ」なのか?...アメリカ人が理…

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    キャサリン妃とウィリアム皇太子の「ご友人」...ロー…

  • 2

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 3

    メーガン妃がついに「成功の波」に乗った!?...「追い…

  • 4

    メーガン妃は「努力を感じさせない魅力がお見事」とS…

  • 5

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:オッペンハイマー アメリカと原爆

特集:オッペンハイマー アメリカと原爆

2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル