最新記事

海外ドラマ

完全コピーされた、キャサリン妃の「かなり挑発的なドレス」への賛否

Kate Middleton's 'Iconic' Dress Was 'Highly Provocative'

2023年12月03日(日)09時20分
ジェームズ・クロフォード=スミス
キャサリン妃

2006年、カミラ夫人(当時)の娘ローラの結婚式でのケイト・ミドルトン(当時) Toby Melville-REUTERS

<ウィリアム皇太子とキャサリン妃の友情が恋愛へ発展したと言われる重要な衣装が、ドラマではセクシーに描かれ過ぎていると専門家が懸念>

キャサリン妃の最も重要なドレスがNetflixのドラマ『ザ・クラウン』の最終シーズンで再現され、スコットランドのセント・アンドリューズ大学時代が描かれている。

メグ・ベラミーが演じるケイト・ミドルトン(当時)とエド・マクヴェイが演じるウィリアム王子(当時)のロマンスの発展が描かれ、ケイトがランウェイで下着が透けて見える大胆なシアードレスを着用した、2002年に行われた学生ファッションショーも再現。

このドレスはファッション専攻の学生であったシャーロット・トッドが、元はスカートとしてデザインしたもので、このイベントでウィリアム王子がケイト・ミドルトン(当時)を意識するようになり、その後、友情が恋愛関係に発展したと言われる。


王室ファッション専門家のミランダ・ホルダーは、キャサリン妃の「最も斬新なファッション」の1つとして、「この象徴的なドレスは2人のロマンスに非常に重要で、王室の歴史においても重要な一節」と本誌に語った。

そのドレスとして着用されたスカートは、トッドが「誘惑の技術」と呼んだコレクションの一部で、キャサリン妃とウィリアム王子が結婚した2011年に6万5000ポンド(約1200万円)でオークションで売却された。

当時、デザイナーのトッドは次のように語っている。

「もし私のデザインによって、友情から恋愛へと変えることに役立ったのであれば、嬉しく思います。この作品を作っているときには、それほど重要なものになるとは思っていなかったので」

先のホルダーは、ここ数年間で王室の慣例に従い、キャサリン妃がより洗練されたファッションになっているとした上で、「時々、かつてのキャサリン妃の側面を示すような驚くべき衣装を見せてくれます」と語る。

その典型的な例が11月に国賓として訪英した韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領夫妻の歓迎レセプションで着用した「キャサリン・ウォーカー」の赤の「脚見せ」アンサンブルだ。

【写真】論争になった「膝見せ」スカート を見る

ティファニー Tスマイル ペンダント 並行輸入品【アマゾンでお買い得】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:米国債、早期利下げ観測後退で売り加速 足

ビジネス

マイナス金利解除4月は時期尚早、中小賃上げ見極め必

ビジネス

中国企業、IPO計画中止相次ぐ 規制強化で

ワールド

焦点:希望見えないウクライナ難民、ホームレス化する
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 2

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 3

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 4

    大叔母「麗人・アン王女」を彷彿とさせる、シャーロッ…

  • 5

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 1

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 4

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 1

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    キャサリン妃の5つの「一軍バッグ」...イギリス製か…

  • 4

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 5

    イギリス経済にも大貢献...キャサリン妃の「世界的指…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日

特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日

2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは