最新記事

英王室

カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

Camilla Wears Symbol in Canada That Made Diana Uneasy About Major Designer

2022年05月21日(土)15時36分
ジェームズ・クロフォード=スミス

カナダを訪問した際もカミラ夫人の手にはシャネルのバッグが(5月17日) Carlos Osorio-REUTERS

<カナダを訪問したカミラ夫人が持っていたバッグに注目集まる。「C」が重なり合ったロゴマークが連想させた故ダイアナ元妃の苦悩>

イギリスのチャールズ皇太子とカミラ夫人は、5月17日から19日までカナダを訪問したが、この際にカミラ夫人が高級ブランド「シャネル」のハンドバックを持参していたことが注目されている。故ダイアナ元妃がかつて、このロゴマークを嫌っていたというエピソードを多くのイギリス国民が思い起こしたからだ。

チャールズ皇太子の2人目の妻であるカミラ夫人は、オタワに到着した際に、キルティング模様が特徴的なシャネルのハンドバッグ「ココハンドル」を持っていた。3日間にわたる公式訪問は、エリザベス女王の在位70年を祝う「プラチナ・ジュビリー」に合わせた記念行事の一環として行われた。

王室評論家たちは皇太子夫妻のカナダ訪問を前にして、ウィリアム王子夫妻の時のような温かい歓迎を受けることはないかもしれないと警告していた。北米では今も、ダイアナの「大きな影響力」が根強く残っているからだ。

シャネルは20世紀初頭に、ガブリエル・「ココ」・シャネルが創設したブランドで、(当時は喪服とされていた黒の服をファッションに取り入れた)「リトル・ブラック・ドレス」やウール製のツイードスーツで有名になった。

220521web_dcc02.JPG

5月10日、ロンドン Chris Jackson-REUTERS


「2つのCはカミラとチャールズのC」

カミラはシャネルの長年のファンであることが知られており、カナダで持っていたハンドバッグの留め具部分には、2つの「C」が重なり合った、あの有名なロゴマークがついていた。ダイアナは生前、(2つのCは)「チャールズとカミラを連想させる」として、このロゴマークに居心地の悪さを感じていたという。1995年に出演したBBCの番組「パノラマ」で彼女は、カミラは「第三者」として自分たちの結婚生活の中に存在していると語っていた。

ダイアナはシャネルの得意客で、同ブランドのクリエイティブ・ディレクターを務めていた故カール・ラガーフェルドがデザインしたスーツ、靴、バッグをはじめとする数々のプレタポルテのコレクションを、公のイベントで身につけていた。

だが、彼女の執事だったポール・バレルによれば、ダイアナは新婚旅行の時に、カミラからチャールズへの刻印入りのプレゼントを見つけた時から、「C」の文字を重ね合わせたシャネルのロゴマークを嫌うようになったという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 2

    【デンマーク王室】「5日前に通告された」称号剥奪…

  • 3

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 4

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 5

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 3

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 3

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売