最新記事

GM「救世主」サターンの挫折

ビッグスリー
転落の構図

世界最大のGMも陥落へ
米自動車20年間の勘違い

2009.04.15

ニューストピックス

GM「救世主」サターンの挫折

Saturn Was Supposed to Save GM

2009年4月15日(水)10時00分
ポール・イングラシア(自動車業界ジャーナリスト)

職場の民主主義にも限界が

 技術的には問題があったにせよ、PRキャンペーンはエンジン全開で発進した。広告には、労働者だけでなく、彼らの飼い犬や子供たちも登場。あるCMでは、工場の技術者が感極まったように「仕事に、車に、いや、自分がつくったあらゆるものに、こんなに誇りを抱いたことはない」と宣言する。キャッチコピーは「これまでとは違う会社、これまでとは違う車」だった。

 このコンセプトに食い付いたのは販売店だ。ウィスコンシン州でサターンの販売店を経営するトム・ジムブリックが、店をオープンしたのは91年4月。最初の週にいきなり大ピンチに陥るところだったという。下請けのミスで、彼が最初に売った16台のうち15台までが、エンジンの冷却水に質の悪い不凍液が入っていたのだ。

 このときGMは冷却水の交換にとどまらず、車を丸ごと交換してくれた。「なんて気前がいいんだと、顧客は感動していた」と、ジムブリックは話す。

 顧客が購入したばかりのサターンに乗って販売店から走り去るときには、従業員全員が店の前に立ち、拍手して見送る。93年6月、当時のアル・ゴア副大統領がスプリングヒル工場を視察、連邦政府も「サターン化」したいとコメントしたことで、サターンのイメージはさらに一段とアップした。

 94年6月、4万人を超えるサターンのファンと家族がスプリングヒルの工場に集まり、「サターン里帰り」イベントに参加した。385馬力のコルベットならともかく、85馬力の小型車でこのような熱烈なファンの集いが開かれるのは珍しい。参加者は工場見学やコンサート、サターンの設計者や製造担当者らとのバーベキューを楽しんだ。

 91年の発売当初の年間販売台数は7万5000台そこそこだったが、95年には28万6000台に上り、消費者満足度の調査でもトップに躍り出た。

 だがその陰で、UAWとGM経営陣はそれぞれ異なる理由で、サターンに懸念を抱き始めていた。スミスの大盤振る舞いによって、気が付けばGMは高コスト体質になり、生産能力も過剰になっていた。そして91年度には史上最大の44億5000万ドルの損失を出した。

 ロジャー・スミスの後継CEOはわずか2年間で辞職。新たに選ばれたジャック・スミス(ロジャーとの血縁関係はない)は、GMにはサターンより優先すべきものがあると判断した。その結果、ホンダやトヨタが新時代の小型車開発に注力するなか、新型サターンの開発は10年近く止まった。

 ガソリンの値段が下がり、小型車への需要も低下していた。サターン側はSUVモデルの開発を本社に申請したが、そんな暇があったらシボレーのSUVを売れという返事が返ってきた。

 一方、職場の民主主義にも限界があることが明らかになってきた。サプライヤーは「ポイントシステム」で選ばれた。組合のある企業はポイントが高いため、多少コストが割高でも品質が劣っていても、契約につながることがあった。

 労働組合のサターン部門担当者が、一般の組立工場に戻りたがらない労働者の説得に苦労する場面もあった。「それは2人の男が1本のズボンに脚を突っ込んだようなものだ」と、トヨタの元幹部コンビスは言う。「1人が右に、1人が左に行きたがれば身動き取れない」。労使の合意を重視する意思決定は日本の工場でも重視されていたが、GMと違って最終的な決定権は経営陣が持っていた。

 GMのサターンに対する熱意が薄れると同時に、UAWのデトロイト本部には新たな勢力が生まれていた。エフリンの後任となったスティーブン・ヨキッチは、前任者とは正反対のタイプで、伝説的な79年の農業機械大手インターナショナル・ハーベスターの長期ストライキを率いて名を上げた人物だった。

 ヨキッチはサターンの新しい就労形態に疑問を抱き、雇用契約の大幅な変更を提案した。より伝統的なものに戻したのだ。抵抗はあったが、最終的にヨキッチが勝った。その後数カ月のうちに彼はUAWの委員長に選ばれた。

 96年8月、GMはサターンの中型モデルをデラウェア州にある既存の工場で造るという決断を下したが、これにはヨキッチの協力があった。

 この決定はサターンにかなりの打撃であり、スプリングヒルの工場で丁寧に造り上げられた車というイメージが危うくなった。だがGMは既存の工場を閉鎖せずに済み、ヨキッチはサターン部門からの異議を抑えることができた。99年半ばに発売になったLシリーズは、ほぼ10年ぶりのニューモデルだった。

 この時点で、サターンの販売台数は4年連続で減少していた。遅まきながらSUVやハイブリッド、ロードスター型など新モデルを発表し始めた01年には、少々持ち直した。だがすべて他のGM部門が扱う類似のモデルを元にしたもので、「これまでとは違う車」にはふさわしくない。

ニュース速報

ワールド

焦点:北朝鮮、ICBM実戦化には新たな核実験必要か

ワールド

アングル:「トランプおろし」はあるか、大統領失職の

ワールド

焦点:トランプ氏の「口撃」、弾劾審議で孤立無援招く

ワールド

米国務長官が人種差別非難、「傷の修復必要」

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 3

    韓国・文大統領「日韓の障害は日本政府の変化。日本側の勇気ある姿勢必要」

  • 4

    セウォル号、接待禁止に台風直撃 韓国社会の問題が…

  • 5

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 6

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 7

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 8

    雇用が回復しても賃金が上がらない理由

  • 9

    朴大統領の人事介入から口裂け女まで 検閲だらけの…

  • 10

    反日による日本人欠場でゲーム大会中止に

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 4

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 7

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 8

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 9

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 10

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 6

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 9

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 10

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月