ニューストピックス

Newsweekアーカイブ&スペシャルリポート

世界が尊敬する日本人<br>part2

世界が尊敬する日本人part2

文化と時代を超えたジャパニーズたち
最新版は7月1日発売号に掲載!

2009.06.29

アラスカで、モンゴルで、スペインで、個性と才能を武器に世界を魅了する日本人たち。彼らに共通するのは好奇心や冒険心、向上心に満ちている点だ。これまで本誌に掲載されたプロフィールの中から、一部を紹介する。
「Part1」はこちら

日本

村上春樹(作家)

孤独をえぐる想像力 [2004.10.20号掲載]

2009.06.29
日本

ゴジラ(怪獣)

核の時代が生んだ「人気者」 [2005.10.26号掲載]

2009.06.29
日本

NIGO(デザイナー)

NYキッズがあがめるカリスマ [2005.10.26号掲載]

2009.06.29
日本

中沢啓治(漫画家)

原爆の悲劇と希望を描く [2004.10.20号掲載]

2009.06.29
日本

福原成雄(庭園デザイナー)

日本庭園の美に恋をして [2006.10.18号掲載]

2009.06.29
日本

田村佳子(活動家)
笹本妙子(活動家)

戦争捕虜の魂を救う [2006.10.18号掲載]

2009.06.29
日本

栗原はるみ(料理研究家)

海を渡るキッチンの麗人 

2009.06.29
日本

鍵田真由美(フラメンコダンサー)、佐藤浩希(フラメンコダンサー)

情熱の舞で聖地に挑む [2006.10.18号掲載]

2009.06.29
日本

岡本武夫(水の彫刻師)

はかない素材に命を吹き込む [2007.10.17号掲載]

2009.06.29
日本

植松伸夫(ゲーム音楽作曲家)

ゲームを変えた音の魔術師 [2007.10.17号掲載]

2009.06.29
日本

奥山由美(ソプラノ歌手)

草原の民の心を歌う国民的プリマドンナ [2007.10.17号掲載]

2009.06.29
日本

神戸俊平(獣医師)

アフリカゾウの叫びに耳を傾けて [2006.10.18号掲載]

2009.06.29
日本

久野九平治(日本酒蔵元)

国境を越えた最上級の一献 [2007.10.17号掲載]

2009.06.29

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か 超能力伝説でイメージ作りも

  • 4

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 5

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 6

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    プーチンの本音は「五輪禁止」に感謝?

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!