プレスリリース

株式会社モリトー 静波パラサーフィンフェスタにリフトで協賛

2024年05月18日(土)09時30分
介護用機器の製造・販売・レンタルを行っている株式会社モリトー(代表取締役:石田 和彦、本社:愛知県一宮市)は、2024年5月25日(土)~26日(日)に、静岡県牧之原市静波サーフスタジアムで開催される「静波パラサーフィンフェスタ」に協賛し、会場において参加者の移乗補助にリフトを持参します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/395134/LL_img_395134_1.jpg
パラサーフィン体験会(1)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/395134/LL_img_395134_2.jpg
パラサーフィン体験会(2)

【パラサーフィンとは】
生まれつきや事故などによって、身体に障がいを持っている方が行うサーフィンの事。様々な身体的個性やチャレンジを持ったサーファーがオリジナルのスタイルでサーフィンができるようになっています。2023年の世界大会で日本チームはメダル6つ、国別7位入賞という結果を残しており、2028年のパラリンピック種目となる可能性も高く、国際大会での活躍が期待できます

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/395134/LL_img_395134_3.jpg
パラサーフィン体験会(3)

【体験会にも参加】
上記大会に先駆け5月11日に開催された「パラサーフィン体験会」においても、介護リフトを持参し、ジャグジーに介護リフトを設置しました。体験会に参加された方は、サーフィンの体験をされた後に当社のリフトでジャグジーに入っていただきました。参加された方は「朝早く家を出てここに来ました。パラサーフィンは初めてです」と言う事で、サーフィン体験後に介護リフトも体験していただき、リフトで吊り上がった際には満足な表情をされていました。他の参加者の方々からもリフトでジャグジーに入れた事で「とても快適です」と満足されていました。


【今後の展開】
前回の東京パラリンピック大会から、パラスポーツの認知度も向上しています。当社は移動・移乗の専門メーカーであり、日常生活においても移動・移乗が困難な方に対して、機器を用いて移動・移乗を簡単にする事で、パラアスリートのみならず、より多くの方々をサポートできるよう取り組みを行っていく予定です。


【介護リフトつるべー 詳細】
全8種58パターンという豊富な展開で、設置場所は寝室・風呂・トイレ・玄関・車用など屋内外を問わず、用途は風呂・トイレ・段差の移動・車いすのままの移動など、あらゆるニーズにお応えできます。介助者の腰痛対策や、移動・移乗の安全と、介護を必要とされる方の自立化支援も可能になっています。また、リフト使用に不可欠な吊具も自社開発しており、こちらも豊富な種類から選べます。

介護リフト「つるべーシリーズ一覧」 https://www.moritoh.co.jp/menu-tsurube/
使用事例 http://www.moritoh.co.jp/category/casestudy/


【会社概要】
名称 : 株式会社モリトー
所在地: 〒491-0074 愛知県一宮市東島町3-36
URL : http://www.moritoh.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

エクアドルが中国人ビザ免除停止、昨年来3万人超不明

ビジネス

トヨタ株主総会、豊田氏再任の賛成票比率は71.93

ワールド

米有力議員ら、インドでダライ・ラマに面会 今週渡米

ワールド

ガザ物資搬入、イスラエル軍の活動停止後も進まず 国
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中