プレスリリース

HAN-KUN 15周年コラボITEM第4弾は金沢の「ターバンカレー」!HAN-KUNオリジナルデザインパッケージでお届け

2024年04月19日(金)20時00分
HAN-KUN 15周年を記念してCOLLABORATION ITEM企画が始動中!計15ブランドとHAN-KUNのコラボレーションアイテムを順次発表していきます。
第4弾として、金沢カレーとして人気を誇る「ターバンカレー」とのコラボレーションが決定!15周年を記念してHAN-KUNオリジナルデザインのパッケージでお届けいたします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/392367/LL_img_392367_1.jpg
ターバンカレー
ターバンカレーは黒色・濃厚・中辛で、こってりしたコクのある本場の金沢カレー。豚肉は石川県産の「能登豚」を使用し、唐辛子には金沢市産の「加賀八つ房とうがらし」を使用しているのも特徴です。石川県産食材の地産地消・地産他消推進に取り組んでいるターバンオリジナルカレー!
ご自宅でもレトルトカレーを食べて、HAN-KUN15周年を一緒に盛り上げよう!

「HAN-KUN 15th ANNIVERSARY LIVE ~A-RI-GA-TO~」大阪公演でも数量限定でご購入いただくことが可能です。
確実にゲットされたい方は通販での利用がオススメ!ぜひチェックしてください!


【15th ANNIV. COLLABORATION ITEM 第4弾ITEM】
◆ HAN-KUN 15th ANNIV.×ミスター"ターバンカレー" 1,000円(税込)

【通販開始日時】
2024年4月20日(土)20:00~

【TV ASAHI MUSIC ONLINE STORE「HAN-KUN STORE」】
https://tvamstore.com/sp/shop.asp?cd=300


[注意事項]
※天災、天候、感染症拡大などの理由により、やむを得ず公演延期・中止となった場合でも、ご注文のキャンセルはできかねますので、あらかじめご理解ご了承のうえお申し込みください。
※初期不良品の対応は、同一商品との交換対応となり、返品はできかねますので予めご了承ください。
※クレジットカード決済に関しまして、商品のお届け前に代金が引き落としとなる場合がございます。予めご了承の上、ご購入ください。
※販売期間中でも通販分のご用意が規定数に達しましたら、販売終了となりますので予めご了承ください。
※お客様都合による返品・交換はお受け致しかねますので、予めご了承ください。
※他アイテムとあわせてご購入の場合は発送日の遅いアイテムとあわせての発送となります。
※必ず商品に記載の注意事項をご確認の上、商品をご使用・保管ください。
※サイズをよくお確かめの上、ご購入ください。HP記載サイズと比べて前後2~3cm以内の誤差がでる場合がございます。目安としてご確認ください。
※商品画像はイメージです。実際の商品と色、デザイン等が変更となる場合がございます。
※表示の画像に関し、携帯電話/スマートフォンの設定・特性により、色合いが実際の物と多少異なって見える場合がございますが、ご了承ください。
※初期不良以外の返品・交換はお断りしております。
※オークション出品・転売などは禁止させていただきます。転売目的でのご購入はご遠慮ください。


【BRAND】
カレーハウス・ターバン

昭和46年創業。
石川県・長野県・京都府を中心に展開しているカレーチェーン店。
ターバンカレーは、古くから金沢市内中心部に店を構え金沢カレーの代表的な老舗である。
2023年現在は株式会社ゴーゴーカレーグループ内の一ブランド。

Instagram
https://www.instagram.com/turban_curry_kanazawa/

オンラインストア
https://jp.gogocurry.com/products/turbancurry


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国軍事演習2日目、台湾周辺で「権力奪取能力を検証

ビジネス

アングル:ドイツ不動産市場、外国人が敬遠 経済の傷

ビジネス

独GDP改定、第1四半期は前期比+0.2% 速報と

ビジネス

テスラ上海工場、モデルY生産を2桁削減 需要低迷
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    テストステロン値が低いと早死にするリスクが高まる─…

  • 7

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 8

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 9

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中