Picture Power

エイズと生きる 過酷な現実と希望

Access to Life

Photographs by Magnum Photographers

エイズと生きる 過酷な現実と希望

Access to Life

Photographs by Magnum Photographers

HIVに感染し治療を受けるカッシィ(3)と母のマリアム(31)。二人ともエイズを発症したが、家を追い出されるのを恐れ、一緒に暮らす多くの親類には自分たちの病気のことは話していない(マリ) Paolo Pellegrin-Magnum

 80年代末頃から90年代前半、ルドルフ・ヌレエフ、ロバート・メイプルソープをはじめの著名なアーティストたちがエイズ(後天性免疫不全症候群)によって次々と命を奪われ、天気予報より新聞の死亡欄が目を引く時代があった。その後、抗HIV(ヒト免疫不全ウイルス)薬が開発され複数を併用することで、先進国ではエイズは死病から慢性病となったが、アフリカやアジアの発展途上国ではエイズ治療が可能になり始めてから、さほどの年月は経過していない。

 写真家集団マグナム・フォト世界基金が共同製作で「命をつなぐ」写真展(映像を含め約550点を展示)を開催する。マグナム所属の8人の写真家たちが、マリ、インド、ハイチ、ロシア、ペルーなど9カ国のエイズと闘う30人あまりの抗HIV治療開始前と数ヶ月後をカメラに収めたものだ。順調に回復し再起を果たした笑顔は希望にあふれている。
 
 多くの命が救われる一方で、撮影に参加した本誌フォトグラファーのパオロ・ペレグリンは「(2度目にマリを訪れた際に)私が取材した人のうち、2人が亡くなっていた。おそらく治療開始が遅すぎたのと、最低限の生活水準すら保てなかったからだろう」と語る。同じくアレックス・マヨーリはロシアのある患者の死に際して「他にも問題がありすぎて、まるで既に死んだ人間を相手に闘っているようなものだった 」と言う。

 エイズのため仕事ができずに陥るさらなる貧困、偏見による孤立など、 エイズと闘うと同時に乗り越えなければならない様々な困難が襲いかかる。写真家の独自の視点によって浮き彫りにされた一人ひとりの人生が、治療薬はもちろんのこと、彼らが必要とするものは何かをあらためて問いかける。

――編集部・片岡英子

世界基金/マグナム・フォト共同製作写真展「命をつなぐ」
東京の有楽町朝日スクエア・ギャラリーにて9月5日(日)から22日(水)まで

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 10

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 8

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 9

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!