Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.3.29号(3/23発売)

特集:もしもトランプが大統領になったら

2016年3月29日号(3/23発売)

Cover Story

共和党指名争いのトップを走る暴言王トランプは「21世紀のアドルフ・ヒトラー」になるのか?

米大統領選 「トランプ大統領」のアメリカ
法律 暴力を黙認する暴言王は罪に問われるか
分析 トランプ現象とオバマの「責任」

【創刊30周年特別企画第4回】国際情勢入門 EUROPE


静かに崩れ落ちるヨーロッパ統合の理想
イギリスのEU残留が危うい5つの理由
反移民・反EUの波に乗る極右
フランスのテロが残した波紋
ロシア経済は苦境でもプーチン人気は盤石
停戦でも終わらないウクライナ紛争と「新冷戦」
問題だらけの欧州各国が抱える病
ドイツが世界を率いるリーダーになるには
ギリシャ国民の抵抗がユーロ回復の足かせに

20160329_54_55.jpg
【PERISCOPE】
InternationaList
CHINA 敏感質問なき全人代会見の茶番ぶり
BRAZIL 背水の陣を敷いた新旧の大統領
SYRIA クルド人「独立宣言」が新たな火種に
SOUTH AFRICA 過激発言が支持呼ぶ「南アのトランプ」
UNITED STATES 低迷する原油価格に上昇の兆し?
GREECE 難民滞留の国境で最悪の感染症が
TURKEY 独裁と化すトルコの反対派つぶし
RUSSIA 軍撤退を決断したプーチンの胸の中
CHINA 中国指導部が捨てられない「悪習」
JAPAN 大使人事の見えざる攻防
EUROPEAN UNION 難民問題の見えない出口
Asia
NORTH KOREA キューバと北朝鮮、核の「明暗」
U.S. Affairs
最高裁人事、これだけの思惑
オハイオで圧勝してもケーシックに勝算なし
Business
タイプミスで詐欺サイトに?
ロボット開発にグーグルがお別れ
Offbeat
僧侶のメタボ化に悩むタイ
不況ロシアでセックスワーカーが急増
People
白過ぎるオスカーに新たな人種問題が、ほか
【LIFE/STYLE】
Movies 次のジェームズ・ボンドは誰だ
Movies 『リリーのすべて』の小さ過ぎる一歩
Health 子供の食物アレルギーは食べさせて予防?
Technology 仮想現実の世界をもっと手軽に
Music 若き天才ケンドリック・ラマーに脱帽
Music ZZトップと車の幸せな共存関係

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 2

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 3

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 4

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 9

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 10

    苦しまない安楽死マシンなら死を選びますか?

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!