Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2013.5.15号(5/ 8発売)

特集:歌舞伎新時代

2013年5月15日号(5/ 8発売)

Cover Story

変革期を迎えた「最高のエンタメ」歌舞伎──
日本人が気付いていない本当の魅力とは

新時代 今なぜ日本人に歌舞伎なのか

インタビュー 市川海老蔵が語る父の死と役者の覚悟

文化交流 アメリカでカブキが愛される理由

入門 知っておくべき10のお約束

弱腰オバマを笑うアサドの強気

シリア内戦 化学兵器疑惑でも煮え切らないアメリカが独裁者の暴走を助長する
視点 オバマ「レッドライン」の誤算
NEWSBEAST
InternationaList
VENEZUELA 乱闘場と化したベネズエラ議会
ITALY イタリア新首相の武器は一族のコネ?
THE UNITED NATIONS
 
   ロボット兵士開発に「待った」
FRANCE フランス財政再建の切り札は極上ワイン?
PAKISTAN パキスタン総選挙をテロの暗雲が覆う
IRAN 核開発イランに経済制裁は有効か
BANGLADESH 縫製ビル倒壊の「犯人」は誰だ
Asia
MALAYSIA
 
   「腐敗」マレーシアを待つ選挙後の混迷
NORTH KOREA
 
   米男性の有罪判決は北朝鮮の外交カード
INDIA フェイスブックで孫を売るインドの闇
CHINA 中国「羊肉」の原料はネズミ
U.S. Affairs
グアンタナモという袋小路
現役NBA選手の歴史的カミングアウト
Business
赤字削減マシンが米景気の足を引っぱる
アベノミクスが得た意外な「援護射撃」
People
一発屋ではないと証明できたPSY、ほか
FEATURES
テロ オンライン聖戦はどこまで危険か
北朝鮮 韓国経済を襲う北朝鮮の心理戦
韓国 女性大統領は韓国女性の敵か
健康 賞金制ダイエットなら楽々スリムボディー
子育て 男性保育士はなぜ嫌がられる?
CULTURE
Music ヒップホップの狂犬がレゲエに転身
Movies ニューヨークの美を切り取り続けて
Sports 固定パット禁止に賛否両論
Fashion クチュール界を騒がす元コールガール

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・後編)

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 9

    衆院選、自公が300議席超えか 希望は伸び悩み・立憲…

  • 10

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 8

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!