ニュース速報

ワールド

ロシア、中国などの「友好国」通貨購入を検討 政府系ファンド補充

2022年08月12日(金)23時55分

ロシア中央銀行は12日、政府系ファンド「ナショナル・ウェルス・ファンド(NWF)」の補充に向け、中国、インド、トルコなどの「友好国」の通貨を購入することを検討していると明らかにした。西側諸国の制裁措置によりドルとユーロが購入できなくなっていることが背景にあるとみられる。(2022年 ロイター/Maxim Shemetov)

[モスクワ 12日 ロイター] - ロシア中央銀行は12日、政府系ファンド「ナショナル・ウェルス・ファンド(NWF)」の補充に向け、中国、インド、トルコなどの「友好国」の通貨を購入することを検討していると明らかにした。西側諸国の制裁措置によりドルとユーロが購入できなくなっていることが背景にあるとみられる。

中銀は2023─25年の金融政策報告書の中で、ウクライナを巡る西側諸国の対ロシア制裁を踏まえ、NWFを補充する方法についてさ多くの選択肢が検討されているとし、財務省は「友好国通貨(中国人民元、インドルピー、トルコリラなど)によるNWFの補充」の可能性を検討しているとした。

ロシアはこれまでNWF向けにドルとユーロを購入していたが、他の通貨は購入していなかった。

石油収入の一部を積み立てているNWFは財務省が管理。中銀の外貨準備の一部でもある。2月時点の規模は約6400億ドルだったが、西側諸国の制裁措置により、この約半分が凍結されている。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU、ウクライナ兵士最大1.5万人訓練へ=独誌

ビジネス

英中銀、3日の国債買い入れ額は2210万ポンドにと

ビジネス

英財務相、所得税最高税率引き下げ案を撤回 政権に打

ワールド

拘束のザポロジエ原発所長が解放=IAEA事務局長

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング