ニュース速報

ワールド

米産油量21年までに過去最高、シェール回復へ=国際エネルギー機関

2016年02月23日(火)01時47分

 2月22日、IEAは、米産油量が2021年までに過去最高となる見通しを示した。写真はノースダコタ州の油田で1月撮影(2016年 ロイター/Andrew Cullen)

[ロンドン 22日 ロイター] - 国際エネルギー機関(IEA)は22日、米産油量が2021年までに過去最高となる見通しを示した。

効率向上を追い風に、国内生産者が価格低迷への抵抗力を高めるとみられている。

IEAはこの日出した報告書で、米産油量は今年と来年にやや減少すると予想。その後、日量1420万バレルに増加すると見通した。

米シェールガス生産量の減少幅は、今年が日量60万バレル、来年はさらに日量20万バレルと予測した。その後上向き、21年には日量500万バレルに回復するとした。2015年からは日量77万バレル増える。

世界供給量の伸びは、15━21年が日量410万バレルと予想、09━15年は日量1100万バレルだった。

IEAは「需給の均衡が取れるのは2017年になるだろう。ただ、大幅に積み上がった在庫により、原油価格の回復速度は緩やかになる見込みだ」と予想した。

現在の原油価格に基づくと、今年の石油輸出国機構(OPEC)全体の輸出収入は3200億ドルと、ピークだった12年の1兆2000億ドル、昨年の5000億ドルから減ると推計した。

相場低迷に伴う開発計画の遅れが予想され、OPEC産油能力の伸びは、21年までに日量80万バレルにとどまるとした。

制裁が解除されたイランが、OPEC産油量を押し上げるとしたが、OPEC第2の産油国となるには不十分との見方を示した。

*内容、写真、カテゴリーを追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

6月末の家計の金融資産は1832兆円、前年比4.4

ビジネス

貿易収支、8月は1136億円の黒字 予想上回る

ワールド

メキシコ中部でM7.1の地震、死者100人超える

ビジネス

米破産裁判所、トイザラスへの融資を承認 約20億ド

MAGAZINE

特集:対中外交の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 2

    中国とロシア、北朝鮮付近で海軍の合同軍事演習を開始

  • 3

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 4

    セレーナ・ゴメスに腎臓をあげた親友に考えられる健…

  • 5

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 6

    金正恩「北朝鮮は米国との軍事力で均衡を目指す」

  • 7

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    米トイザラス、破産法適用申請 ウォルマートやアマ…

  • 10

    北朝鮮を20年も放置した中国は責任を取るべき

  • 1

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 2

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!