ニュース速報
ビジネス

英CPI、4月前年比+2.3%で予想上回る 利下げ開始11月に後退

2024年05月22日(水)20時12分

 5月22日、英国立統計局(ONS)が発表した4月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年比2.3%と、3月の3.2%から鈍化したが、予想は上回った。写真は2021年1月、ロンドンで撮影(2024年 ロイター/Hannah McKay)

[ロンドン 22日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が22日発表した4月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年比2.3%と、3月の3.2%から鈍化したが、予想は上回った。コア指数もそれほど下がらず、イングランド銀行(英中央銀行)の来月の利下げ観測が大きく後退した。

CPI伸び率は2021年7月の2.0%以来の低さだった。

中銀の予想とロイターがまとめた市場予想は2.1%だった。

中銀が注目しているサービス価格の上昇率は5.9%と、3月の6.0%から若干の低下にとどまり、中銀と市場が予想した5.5%を上回った。

根強い物価上昇圧力を反映し、コアインフレ率(エネルギー、食料品、タバコを除く)は前年比3.9%と、3月の4.2%からは低下したが、ロイターがまとめた市場予想の3.6%は上回った。

ポンドはCPI統計の発表後に上昇。市場が織り込む英中銀の6月の利下げ確率は14%と、前日の50%から大幅に低下。●最初の0.25%ポイント利下げを完全に織り込んでいるのは11月で、もはや年内2回の利下げは予想されていない。

アバディーンのシニアエコノミスト、ルーク・バーソロミュー氏は「インフレ率は引き続き急低下しているが、イングランド銀行と、6月の利下げを期待する投資家は今回の統計に失望するだろう」と指摘。

「特に、コアインフレとサービスインフレが予想よりかなり強かったことで、英中銀は、基調的なインフレ圧力が十分に冷え込んでいると自信を持つことが難しくなる」と述べた。

英国立経済社会研究所(NIESR)のエコノミスト、ポーラ・ベジャラノ・カルボ氏は「先週の強い賃金統計も踏まえ、サービスインフレの高止まりが今年後半もインフレ上振れリスクになる」と指摘。総合CPIは鈍化したが、英中銀は次回会合で慎重を期し政策金利を据え置く可能性があると述べた。

年内に実施される見込みの総選挙を前に、与党・保守党への支持拡大に奔走するスナク首相は、インフレ率低下をアピール。「今日、インフレ率が正常に戻ったことは、経済にとって大きな出来事だ」と強調した。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発、自律反発期待の買い 戻りは鈍い

ビジネス

午後3時のドルは157円後半で一進一退、豪ドルが上

ビジネス

企業向けサービス価格指数、5月速報から2020年基

ワールド

マレーシアと中国、5年間の経済協力協定を更新へ 李
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 7

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 9

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中