ニュース速報

ビジネス

東京マーケット・サマリー(5日)

2022年12月05日(月)18時38分

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 135.14/16 1.0537/41 142.40/44

NY午後5時 134.30/33 1.0538/42 141.53/57

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の135円前半。仲値にかけて上昇した後は人民元の動きなどをみながらの推移が続いたが、終盤にクロス円が強含みドルも底堅さを見せている。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 27820.40 +42.50 27752.99 27,700.86─27,854.11

TOPIX 1947.90 -6.08 1953.00 1,941.17─1,953.67

プライム指数 1002.31 -3.15 1004.84 998.90─1,005.25

スタンダード指数 1006.68 -2.04 1008.94 1,005.64─1,009.50

グロース指数 999.84 -15.83 1012.36 998.11─1,012.36

東証出来高(万株) 106925 東証売買代金(億円) 26402.69

5日の東京株式市場で日経平均は小幅反発し、前営業日比42円50銭高の2万7820円40銭で取引を終えた。強弱材料が混在し、前週末の終値を挟んでの一進一退となった。 東証プライム市場の騰落数は、値上がりが616銘柄(33%)、値下がりは1136銘柄(61%)、変わらずは84銘柄(4%)だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.078

ユーロ円金先(22年12月限) ───

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは前営業日(マイナス0.078%)から横ばいからやや上回る見通し。「レート水準を上げるほどの量ではないが、地銀が調達に動いてきた」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。

<円債市場> 

国債先物・22年12月限 148.83 (-0.11)

安値─高値 148.81─149.02

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.250% (変わらず)

国債先物中心限月12月限は前営業日比11銭安の148円83銭と続落して取引を終えた。新発10年債はまだ出合いがみられていない。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比変わらずの0.250%。11月米雇用統計後は強弱混在の内容となり、方向感を欠く相場展開となった。

<スワップ市場・気配> 

2年物 0.23─0.13

3年物 0.30─0.20

4年物 0.35─0.25

5年物 0.40─0.30

7年物 0.54─0.44

10年物 0.71─0.61

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU7カ国、グリーン産業支援向けの新たな資金調達に

ビジネス

H&M、9─11月は予想以上の営業減益 コスト上昇

ワールド

インド、北部ラダックで中国軍とさらなる衝突を予想=

ビジネス

アングル:トヨタからテスラへ、EVが呼ぶ自動車業界

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家族に届ける「噛まれた跡はない」

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 8

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中