ニュース速報

ビジネス

FRBの「仕事終わっていない」、インフレ鈍化初期の兆候も=NY連銀総裁

2022年10月04日(火)04時55分

米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は3日、インフレ鈍化の初期の兆しが存在するものの、基調的な物価圧力は依然高すぎるとし、連邦準備理事会(FRB)はインフレ抑制に向けた取り組みを継続する必要があるという見解を示した。(2022年 ロイター/Chris Wattie)

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は3日、インフレ鈍化の初期の兆しが存在するものの、基調的な物価圧力は依然高すぎるとし、連邦準備理事会(FRB)はインフレ抑制に向けた取り組みを継続する必要があるという見解を示した。

ウィリアムズ総裁は「インフレは明らかに高すぎる。根強い高インフレは、経済が潜在能力をフルに発揮する能力を損なう」とし、「金融引き締めが需要を減速させ、インフレ圧力は低下し始めているが、われあれの仕事は終わっていない」と語った。

次回米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策決定見通しには言及しなかったものの、FRBはインフレを目標2%に回帰させるために、需要を減速させる行動を続けると述べた

さらに、経済成長の伸び鈍化と失業率の上昇は、FRBのインフレ対応の副反応である公算が大きいとし、経済活動は今年ほぼ横ばいに、来年は小幅な成長にとどまり、失業率は2023年末までに現在の3.7%から4.5%に上昇する可能性が高いという見通しを示した。

ウィリアムズ総裁は、コモディティー(商品)価格など一部分野ではインフレが低下しているとしつつも、モノへの需要は非常に旺盛で、労働需要およびサービスへの需要は供給を上回っているとし、「こうした状況が範なインフレを引き起こしており、インフレ抑制には時間がかかるだろう」と述べた。

その上で、インフレ率が来年には3%まで鈍化する可能性があるし、「インフレは今後数年で2%の目標に近づく」と予想。「需要を供給と一致する水準に抑制しインフレを低下させるために、金融政策がその役割を果たす必要がある」とし、「FOMCは強力な行動を取っている」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国の反「ゼロコロナ」デモに連帯、東京など海外12

ビジネス

ECB総裁、一段の追加利上げ示唆 ユーロ圏インフレ

ビジネス

イケア、一段の値下げ視野に 投入コスト上昇緩和で=

ビジネス

暗号資産レンディングの米ブロックファイ、破産法の適

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが、子供を対象にして大炎上

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 7

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 5

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 6

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中