ニュース速報

ビジネス

タカタ、来週に車各社へ支援要請 ダイセルと提携も検討=関係筋

2016年01月23日(土)20時45分

 1月23日、エアバッグ部品のリコール問題が深刻化しているタカタが来週、ホンダなど自動車メーカーへ財政的な支援を要請することがわかった。写真はロゴ、都内のショールームで昨年11月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 23日 ロイター] - エアバッグ部品のリコール(回収・無償修理)問題が深刻化しているタカタ<7312.T>が来週、ホンダ<7267.T>など自動車メーカーへ財政的な支援を要請することがわかった。支援と引き換えに、トップ辞任など経営責任への対応を求められる可能性がある。

また、事業再建に向けて同業のダイセル<4202.T>との提携も検討している。複数の関係者が明らかにした。

タカタ製エアバッグによるリコールは世界で5000万台規模に上る。これまでに10人が死亡、うち9人が米国に集中しており、タカタは巨額の損害賠償請求やリコール費用負担で一段と経営が悪化する恐れがある。タカタは来週開く会合で、メーカー各社に原因調査の結果を説明して理解を求め、費用の分割払いや部品の値下げ要求見送りなどを打診する方針だ。

メーカー側は欠陥の責任はタカタにあるとみており、検査データの不正も指摘されているため、支援に消極的な声もある。複数の関係者によると、メーカー側は支援の条件として経営陣の退任を求める可能性があり、タカタ側も早期の事態収拾に向けて策を講じた後、トップ辞任などで経営責任を取る準備を進めている。

タカタ製エアバッグは部品のインフレーターが異常破裂して飛び散った金属片で乗員を傷つける恐れがある。同業大手ではタカタだけがガス発生剤として使っている硝酸アンモニウムに一因があるとみられ、タカタは問題となっているインフレーターの生産を段階的に中止することで日米当局と合意。メーカー各社も問題のインフレーターは採用しない意向を表明した。

タカタは、ダイセルなど同業他社が使うガス発生剤に変更してインフレーターの生産を続ける方針だったが、顧客から信頼を失う中、単独での事業継続は難しいと判断。関係者によれば、ダイセルと共同出資による生産会社設立などを通じて事業の再建も図りたい考えだ。

タカタは自社製のほか、問題発生前から一部はダイセル製インフレーターを使ってエアバッグを生産している。自動車メーカー各社への支援要請やダイセルとの提携検討について、タカタ広報はコメントを控えた。ダイセル広報は、タカタから提携の話はまだ受けておらず、「タカタとインフレーターの安定供給について話はしているが、具体的に決まったことはない」としている。

(白木真紀)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

歳出最大97兆7100億円 18年度予算案、閣僚折

ビジネス

欧州委、オランダで家具小売イケアの税制措置を調査へ

ワールド

トランプ大統領、安保戦略で「中国とロシアは競争相手

ビジネス

欧州銀のM&A、仏銀が積極的な役割果たすべき=中銀

MAGAZINE

特集:静かな戦争

2017-12・26号(12/19発売)

電磁パルス攻撃、音響兵器、細菌感染モスキート......。日常生活に入り込み壊滅的ダメージを与える見えない新兵器

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    世界の「日本人ジョーク」に表れる、安倍首相の際立った存在感

  • 3

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 4

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 5

    「日本のメスザルは性的意図でシカ相手に疑似交尾」…

  • 6

    このクジラの写真は、最大公約数的な海洋写真とは違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    宇宙国家アスガルディア、人工衛星の軌道投入成功を…

  • 10

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 8

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 9

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 10

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!