ニュース速報

ビジネス

アジア株式市場サマリー(20日)

2015年03月20日(金)22時58分

[20日 ロイター] - <中国・香港市場> 中国株式市場は続伸。前場ではさえない動きだったが、午後になって金融株が上昇を主導。中国政府が近いうちに新たな景気刺激策を打ち出すとの見方が支えとなり、主要指数は7年ぶりの高値を更新した。

週間ベースでは、上海総合指数は7.25%、滬深300指数は7.6%それぞれ上 昇し、週間の上昇幅としては3カ月ぶりの大きさとなった。

金融株指数は3%近く上昇。中信証券(CITICS)、中国招商証券 、西部証券はいずれも8%以上値を上げた。

香港株式市場はまちまち。

週間ベースでは、ハンセン指数が2.3%上昇した。

アナリストは本土市場に比べて週間ベースの上げ幅がさえないことについて、米国で見込まれる利上げの影響を受けやすい香港市場は、資本規制のある本土市場に比べて魅力が薄れていると指摘した。

メーンボードで活発に取引された銘柄は、中国鉱業資源集団、アリババ・ピクチャーズ・グループ、中国国家文化産業集団などで、それぞれ59.2%高、0.4%高、6.0%安となった。

<東南アジア市場> バンコクやクアラルンプールなどの株価が下落した。米国の早期利上げ観測の後退を背景に前日は上昇したが、この日は利益確定売りに押された。ただ、付加価値税の現行税率の延長計画を受けて、バンコクでは小売り関連株が買われ、下げ幅が抑制された。

バンコク市場のSET指数<.SETI>は0.14%安の1529.96で終了した。取引終盤にはホーム・プロダクトやビッグCスーパーセンターなどに買いが入った。週間では0.75%安となり、5週連続のマイナス。

<ソウル市場> 小幅安で引けた。週間では10カ月ぶりの大幅な上昇となった。

ロイター
Copyright (C) 2015 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:米大学入試の「人種考慮」変わるか、最高裁

ワールド

日米、半導体開発で行程表 西村・レモンド両氏が共同

ワールド

アングル:ウクライナ復興事業、先行するチェコとポー

ビジネス

APEC貿易相、共同声明合意できず ロ・中が反対=

MAGAZINE

特集:愛犬の心理学

2023年5月30日号(5/23発売)

アメリカ最新研究が明らかにするイヌの潜在的知力と飼い主へのホンネ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半で閉館のスター・ウォーズホテル、一体どれだけ高かったのか?

  • 3

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、豪華ドレスからチラ見えした「場違い」な足元が話題に

  • 4

    ロシアはウクライナを武装解除するつもりで先進兵器…

  • 5

    韓国アシアナ機、飛行中に突然乗客がドアをこじ開けた…

  • 6

    「英語で毛布と言えないなら渡せない」 乗客差別と批…

  • 7

    F-16は、スペックで優るロシアのスホーイSu-35戦闘機…

  • 8

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 9

    ウクライナからの越境攻撃に米製高機動多用途装輪車…

  • 10

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほ…

  • 1

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半で閉館のスター・ウォーズホテル、一体どれだけ高かったのか?

  • 2

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 3

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 4

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 5

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、…

  • 6

    ロシアはウクライナを武装解除するつもりで先進兵器…

  • 7

    韓国アシアナ機、飛行中に突然乗客がドアをこじ開けた…

  • 8

    おそろいコーデ、キャサリン妃の「頼れる姉」ソフィ…

  • 9

    「英語で毛布と言えないなら渡せない」 乗客差別と批…

  • 10

    ジャニー喜多川の性加害問題は日本人全員が「共犯者…

  • 1

    世界がくぎづけとなった、アン王女の麗人ぶり

  • 2

    「高い」「時代遅れ」 あれだけ騒がれた「メタバース」、早くもこんなに残念な状態に

  • 3

    カミラ妃の王冠から特大ダイヤが外されたことに、「触れてほしくない」理由とは?

  • 4

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半…

  • 5

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 6

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎ…

  • 7

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 8

    日本発の「外来種」に世界が頭を抱えている

  • 9

    チャールズ国王戴冠式「招待客リスト」に掲載された…

  • 10

    「飼い主が許せない」「撮影せずに助けるべき...」巨…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中