最新記事

BOOKS

全米女性の心を潤す、大ベストセラー「恋愛小説家」コリーン・フーバーって誰?

The Unlikely Author

2022年09月02日(金)09時40分
ローラ・ミラー(コラムニスト)

PHOTO ILLUSTRATION BY SLATE. IMAGES VIA SIMON & SCHUSTER

<大衆小説が持つべき要素がてんこ盛りすぎで「トラウマポルノ」との批判も。しかし、自費出版から、TikTokユーザーの心をがっちりつかむ型破りな手法でベストセラーを量産する「ビジネスモデル」は、出版革命を起こすのか>

ビキニ姿でビーチに寝そべる女性たち。日焼けにいそしみながら彼女たちが読み入っているのは、現代小説家コリーン・フーバーの本だ。

動画投稿アプリTikTok(ティックトック)で広く拡散したこんな光景の動画が物語るように、この夏はフーバーの夏だった。いや、その前にはフーバーの春があったし、さらにその前にはフーバーの冬と秋もあった。

実際、この1年以上にわたり、パブリッシャーズ・ウイークリー誌の週間ベストセラーリストには、フーバーの小説が3作品、多いときは6作品もランクインしていた。ニューヨーク・タイムズ紙の最新ベストセラーリストでも、フィクションのトップ5のうち3冊がフーバーの小説だ。

ちなみに一番人気の『世界の終わり、愛のはじまり』(邦訳・二見書房)は、最新刊ですらない。6年も前に刊行された小説なのだ。10月に刊行予定の続編(ひょっとすると前日譚かも)『イット・スターツ・ウィズ・アス』も、たちまちベストセラーになるのは間違いないだろう。

42歳のフーバーが、これほどヒット作を連発しているのは、TikTokやインスタグラムなどソーシャルメディアのおかげといわれる。

これらのプラットフォームには本好きな人のコミュニティーがあって、メンバーは冒頭のような動画や、フーバーの全24作品をランク付けした動画などを作っては投稿する。本の面白さだけでなく、こうした動画の出来も作品のヒットに貢献するわけだ。

フーバー自身、2012年のデビュー作『そして、きみが教えてくれたこと』(邦訳・ヴィレッジブックス)などの作品を自費出版して、有力書評ブロガーに無料配布して取り上げてもらうことで大手出版社との契約にこぎ着けるという、伝統的な作家とは異なる方法で成功を収めてきた。

テキサス州在住で、結婚して子供がいて、ソーシャルワーカーだった彼女が、出版ビジネスに革命をもたらす(かもしれない)手法を駆使してベストセラー作家になったことは、伝統的な新聞や雑誌でも大いに話題になっている。

ロマンスは必須の要素

もちろんどんなテクノロジーを駆使しても、つまらない小説だったら、ここまで話題にはならないだろう。その点、TikTokには、フーバーの小説を読んですすり泣いたり、ショックの叫び声を上げたり、本を胸に押し当ててうっとりするユーザーの映像がたっぷりある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 2

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 3

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 3

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 3

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売