SPECIAL ADVERTISING SECTION

自分を創る音の風景

vol.2 歌舞伎俳優 中村七之助さん

2014年04月22日(火)12時01分

中村七之助さん3

──今後、歌舞伎の世界のなかでどのような役割を果たしていきたいとお考えですか?
「僕自身、歌舞伎の将来について考えることはあるし、危機的状況だとは思います。歌舞伎を見るという行為が日常的なものじゃなくなってるし、かといって歌舞伎は伝統芸能ではないと思ってるんですね。今を生きていないと歌舞伎じゃないし、博物館で保存されるべきものじゃないんです。せっかく舞台を見てくださった若い方には〈歌舞伎を見てきた〉という感想だけで終わっていただきたくないんですよね。毎月公開されている新しい映画のように、歌舞伎も日常の感覚で楽しんでいただきたい。そのぶん自分たちも気を引き締めていかないとダメだと思うんですね。今の民家には畳や襖、障子がないわけで、歌舞伎の世界がどんどん非日常的なものになりつつある。そこで僕らががんばらないと、国に保存されるものになってしまうんですね。それでいいと思う方もいるでしょうけど、僕はそうは思いません」

──余談ですが、カラオケがご趣味と伺ったんですが......。
「いやいや、趣味じゃないですよ(笑)。若いときはよく行きましたけど、今は全然行かないですね。自分でもこうも行かなくなるのか、と思いますけど」

──プライヴェートで音楽を聴くことは?
「昔から基本的に無音が好きなんです。ほとんどテレビを見なかった子どもなので、それは当時から変わらない。ただ、空いた時間にDVDで映画やミュージカルを観ることは多いです」



PROFILE
中村七之助(なかむらしちのすけ)◎歌舞伎俳優

中村七之助さんポートレイト1983年東京生まれ。父は故・十八代目中村勘三郎。87年に兄の勘太郎(当時)とともに『門出二人桃太郎』で初舞台。女形として数々の歌舞伎演目で大役を演じ評価を得ている。歌舞伎以外でも映画・テレビドラマ・バラエティと幅広く活躍中。

Supported by PHILIPS Fidelio

MAGAZINE

特集:英国の悪夢

2019-4・ 2号(3/26発売)

EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

人気ランキング

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    「ADHDと睡眠障害は表裏一体である」との見解が明らかに

  • 3

    ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れた?

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラ…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレデ…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    日本の採用面接は人物を正しく評価できない グーグ…

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 10

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!