プレスリリース

ついに!日本初上陸 業界最軽量、最速クラスのハイテクウォータースクーター「Lefeet S1」発売

2020年06月02日(火)10時20分
Baby Company Inc.
バッテリー込み 2.3kg、飛行機内持ち込みも可能 wifi、Bluetoothなど接続設定は一切不要!

米国ハワイ州に本社を構えをEC事業、各種教育サービス事業を展開するBaby Company Inc.(東京都中央区銀座、 代表取締役 田原大樹)は、この夏、欧米で注目のウォーターアクティビティギア、潜水動力「LEFEET Japan」(リフィートジャパン)の日本一般販売を2020年6月2日に開始致します


LEFEET(リフィート)は2018年のKickstarterで産声を上げた後、製品改良に力をいれ、2019年11月のDEMA(The Diving Equipment & Marketing Association:全米ダイビング用品マーケティング協会)イベント、また2020年1月に開催されたParis International Dive Show(国際ダイビング博 in パリ)に出展し、欧米において高い評価を獲得しました。2020年夏、満を持して日本市場に初上陸致します。これまでにないウォーターアクティビティ体験を約束致します。https://lefeet.jp


2019年11月DEMA取材
2020国際ダイビング博パリ
2020年国債ダイビング博パリ デモンストレーション


何よりもその「小さな本体」+「軽量さ」+「強い推進力」(長さ30.5cm、幅10.5cm、重量:本体+バッテリー2.3kg、水中推進力:約5.6km/h)が大きな特徴です


本体重量 : 約2.3kg (バッテリー込み)
サイズ  : 長さ31.5cm × 幅10.5cm(ハンドル含まず)
最大深度 : 40M
駆動時間 : 30~60分(ノーマルモードで約60分)
カメラ  : 水中カメラマウント接続可能
バッテリー: 4,400mAh(飛行機機内持込可 ※貨物室預け入れは不可です)
充電時間 : 2.5時間


また各種接続アタッチメントにより、片手持ち、両手持ち、太ももに装着、スキューバダイビングのタンクに接続させることができ、プールでの利用からスキューバダイビングまで幅広いウォーターアクティビティで活躍致します





片手持ちモード。プールや水際などでのアクティビティに最適です

One Hand Swim


スタンダードモード。両手でS1をもち、高速モードでも安定した推力を得ることが可能です。シュノーケリングなどに最適

Standard mode

デュアルジェットモード。S1を2台連結することにより、より強い推進力を得ることが可能です。ハードなアクティブ派におススメ



スキューバモード(脚部用)ご自身の足にS1を付けることにより、フリーハンドで得る推力を体験することが可能です。水中で広範囲の移動が可能になり、ダイビングや素潜りなどに最適です


※近日発売予定
エアータンクに直接接続してより安定したスキューバー体験を楽しむことができます
Coming Soon


※近日発売予定
サーブボードアタッチメント。このアタッチメントにより、サーフボードやボートに推力を与えることが可能です。ボートなどは本推進力の予備推力としての活用が楽しめます


Coming Soon


操作はトリガーを握るだけ、メンテナンスも丸洗いするだけととても簡単です






国内ディストリビューター随時募集しております。また法人でのまとめてのご購入はお問い合わせください

■お問い合わせ先
10:00~19:00(平日のみ)
03-6264-3376
担当:鶴丸(つるまる)

Baby Comoany Inc
東京都中央区銀座7-17-1銀座武蔵野ビル4階(東銀座駅・築地市場駅から徒歩3分)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

ビジネス

英、EUコロナワクチン事前買取案への不参加表明

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに中国が報復誓う

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    新型コロナの治療薬候補アビガン、臨床研究で統計的…

  • 6

    韓国ソウルのパク・ウォンスン市長、遺体で発見 セク…

  • 7

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 8

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 9

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 10

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!