ニュース速報

ワールド

NZ中銀、コロナ禍の資産購入プログラム利用を正当化

2022年08月18日(木)08時02分

[ウェリントン 18日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)は18日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)初期に大規模な資産購入プログラム(LSAP)と資金供給プログラム(FLP)を導入したことについて、正当性を主張するリポートを公表した。

両プログラムは深刻なリセッション(景気後退)のリスクを低減するために実施されたと説明。

「国債市場の流動性と安定性回復により、市場全般の金融安定性が促進され、政府と企業は低金利で『通常通り』の資金調達活動が可能になった」とした。

中銀はこれらのプログラムによるインフレへの影響などを巡り、野党などから批判を受けている。

中銀はLSAPの下で530億NZドル(332億9000万米ドル)の国債を購入した。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング