ニュース速報

ワールド

北朝鮮で新たに27万人発熱、6人死亡 薬品供給へ軍医部門動員

2022年05月17日(火)09時30分

 5月17日、新型コロナウイルスの感染者が確認された北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は、新たに26万9510人に発熱の症状が確認され、6人が死亡したと報じた。写真は北朝鮮の国旗。クアラルンプールで2021年3月撮影(2022年 ロイター/Lim Huey Teng)

[ソウル 17日 ロイター] - 新型コロナウイルス感染が拡大している北朝鮮で新たに26万9510人に発熱の症状が確認され、6人が死亡したと、国営朝鮮中央通信(KCNA)が17日報じた。

また、軍を動員して治療薬を配布するほか、感染追跡を支援するため1万人を超える医療従事者を展開するという。

発熱の症状が確認されたのは累計で148万3060人、死者は56人となった。ウイルス検査で陽性反応を示した人の数は明らかになっていない。

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は15日、党の緊急政治局会議を開き、首都平壌における医薬品供給の安定化に向けて軍を活用するよう指示。16日には軍の強力な医療部門が派遣された。

KCNAによると、金総書記の命令で感染が拡大している平壌での医薬品供給改善に向け軍医の「強力な部隊」が直ちに動員された。部隊の任務は平壌の公衆衛生の危機を打開することで、感染対策に不可欠だと伝えた。

感染の追跡調査も強化され、約1万1000人の保健当局者や教師、医学生が全国で「全ての住民への集中検査」に参加し、発熱者の確認や治療に当たっているという。

またKCNAは、徹底したウイルス対策を行いながら、国内経済の各分野は生産や建設を続けているとも報じた。金総書記は先に、各都市での活動を制限するよう命じていた。

こうした中、米国務省は今回の感染拡大が北朝鮮国民に与える影響を懸念しており、同国へのワクチン援助を支持すると述べた。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米テスラ、問題続出で「モグラたたき」状態との分析も

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落、需給悪化の思惑から買い手

ワールド

米、G20で食料・エネルギー安全保障問題提起へ=高

ビジネス

エーザイなど開発のアルツハイマー治療薬、米FDAが

MAGAZINE

特集:世界のエリートが学ぶ「権力」の授業

2022年7月12日号(7/ 5発売)

他人を動かす「パワー」は権力者の専有物でない。ハーバード大学MBAの人気講義で学ぶそのメカニズム

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 2

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 3

    トルコが丸のみさせた「NATO拡大容認」と引き換えの仰天要求

  • 4

    【動画】女王を食ったあの日のルイ王子を一気見

  • 5

    「タンパク質ダイエットには腸活が欠かせない」 順天…

  • 6

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 7

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 8

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 9

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 10

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 3

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 4

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 5

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 9

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中