ニュース速報

ワールド

イスラエルとハマスの衝突激化、死者双方で40人

2021年05月12日(水)14時24分

 5月11日、イスラエル軍はパレスチナ自治区ガザからのロケット弾発射が相次いだことを受け、11日未明もガザ地区への空爆を継続した。ガザ地区南部で撮影(2021年 ロイター/Ibraheem Abu Mustafa)

[ガザ/エルサレム 12日 ロイター] - イスラエル軍とパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスの衝突は、11日夜から12日未明にかけて激しさを増した。パレスチナ側では、空爆が始まった10日以降35人が死亡。イスラエル側の死者は5人となった。

イスラエル軍が12日未明までガザに数百発の空爆を行う一方、ハマスなどパレスチナ武装勢力はイスラエルの商都テルアビブやベエルシェバに向けて多数のロケット弾を発射した。

ガザでは、イスラエル軍の空爆により13階建ての居住ビルが倒壊。未明になっても空爆は続き、地元住民によると空爆で家屋は揺れ、空は明るく照らされた。

イスラエルはハマスの情報機関幹部数人を空爆で殺害したと発表した。ロケット弾の発射場やハマスの事務所や指導者の自宅なども攻撃したという。

ガザ空爆には戦闘機80機が出動し、国境の戦車部隊を増強するために歩兵と装甲車を展開した。

イスラエルの政治指導者と軍部は「数十人」の過激派を殺害しハマスが使用していた建物を攻撃したと明らかにした。ガンツ国防相は「数百回」の空爆を行ったとし、「建物は崩壊し続ける」と語った。

ガザの保健省によると、死者のうち10人が子どもで1人が女性だった。

イスラエルでは、70キロ超にわたる沿岸部や南部の地域で、住民が爆発音の中で避難したり地面に身を伏せるなどした。テルアビブではロケット弾攻撃を警告するサイレンが鳴り響いた。

テルアビブ近郊のロードではロケット弾が車に命中し、2人が死亡。イスラエルメディアによると、一人は7歳の少女だった。

ハマスは、ベエルシェバとテルアビブに210発のロケット弾を発射したと明らかにした。

イスラエルとハマスの衝突としては2014年にガザで起きた戦闘以来の激しさで、国際社会は懸念を表明、事態の沈静化を呼び掛けている。外交筋によると、国連安全保障理事会は12日に情勢を協議する。

国連で中東和平を担当するTor Wennesland氏は「直ちに攻撃を停止せよ。全面的な戦争に向けて激化しつつある。全ての指導者が緊張緩和に責任を持つべきだ」とツイッターで訴えた。

<重い代償>

暴力が直ちに収まる兆しは見られない。イスラエルのネタニヤフ首相は「ハマスとイスラム聖戦は重い代償を支払うことになる」と指摘。

ハマス側は、最初の行動を起こすかどうかはイスラエル次第だと述べた。ハマスの最高指導者ハニヤ氏は、イスラエルがエルサレムとアルアクサ・モスクに火をつけ、炎はガザにまで及んだと述べ「この結果はイスラエルに責任がある」と非難した。

同氏はカタールとエジプト、国連が冷静な対応を求めてきたと明らかにした。その上で、イスラエル側が事態をエスカレートさせたいのならパレスチナ側は準備ができており、攻撃を停止したければ応じる用意があるというのがイスラエルへのメッセージだと語った。

アラブ連盟はイスラエルによるガザ空爆を「無差別で無責任」と非難し、エルサレムにおける事態の「危険なエスカレート」の責任はイスラエルにあるとした。また、暴力の拡大を食い止めるため、国際社会に早急な対応を求めた。アラブ連盟加盟国には、ここ1年でイスラエルとの関係を改善してきた国も含まれる。

米ホワイトハウスはロケット攻撃を非難し、イスラエルには自衛のための正当な権利があるとしつつも、エルサレムは共存の場所でなければならないと指摘し、イスラエル側に圧力をかけた。

国務省のプライス報道官は双方に自制を促した。「イスラエルとパレスチナで命が失われたことは極めて遺憾だ。犠牲者をなくすために鎮静化を強く求めている」と述べた。

外交筋などによると、事態収拾に向けた水面下での取り組みを阻害する可能性があるとして、安保理による公式声明の作成を遅らせようとしている。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

韓国中銀、今年下期のインフレ圧力拡大見込む

ワールド

原油先物は上昇、米在庫減少で燃料需要巡る楽観高まる

ワールド

蘋果日報の廃刊、香港メディアへの「政治的抑圧」 台

ワールド

アングル:米企業、従業員のワクチン接種確認で混乱 

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 2

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の正体は?

  • 3

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環境破壊と難民危機

  • 4

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 5

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    インドの「スーパースプレッダーイベント」、虚偽の…

  • 10

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中