ニュース速報

ワールド

仏死亡率が20年に9%上昇、新型コロナで 英伊は抑制措置強化

2021年01月16日(土)04時58分

フランス国立統計経済研究所(INSEE)は15日、2020年の全体の死亡率が過去2年から9%上昇したとの暫定データを発表した。写真は2020年4月撮影(2021年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ/ロンドン/ローマ 15日 ロイター] - フランス国立統計経済研究所(INSEE)は15日、2020年の全体の死亡率が過去2年から9%上昇したとの暫定データを発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が要因という。

20年のあらゆる要因による死者数は累計66万7400人と19年から5万3900人増加。20年末の死亡データはまだ得られていないが、「フランスの死亡率は新型コロナの感染拡大によって高まった」とした。

特に65歳以上での増加が顕著で、死亡率は春の第1波、秋の第2波で上昇し、65─74歳、75─84歳、85歳以上の超過死亡率はいずれも10%だった。

65歳未満では、50─64歳の超過死亡率が2%、25─49歳でマイナス1%、25歳未満でマイナス6%だった。

年齢別では通年で男性の死亡率が10%、女性が8%上昇した。

超過死者数は第1波で2万7300人。9─12月の第2波で3万3000人だった。

地域別ではパリ周辺のイル・ド・フランス地域が最も深刻で3─4月の超過死亡率は90%、通年では18%だった。

一方、英国でこの日確認された新型コロナ感染者数は5万5761人と前日の4万8682人から増加。新型コロナの陽性確認から28日以内に死亡した人は1280人と前日の1248人から小幅に増加し、4日連続で1000人超となった。

ジョンソン首相は記者会見で、新型コロナ変異種を阻止するために国境管理を厳格化し、特定の国からの渡航者に隔離措置を義務付けない「トラベルコリドー」(旅行通廊)を18日0400GMT(日本時間午後1時)から少なくとも2月15日まで一時的に停止すると発表した。

全ての渡航者に対しコロナ検査での陰性証明の提示と入国後の迅速な隔離措置を求める。隔離期間は入国5日後に陰性反応が出なければ10日間となる。

また、イタリアで確認された新規感染者数は1万6146人、死者数は477人と、ぞれぞれ前日の1万7246人、522人から減少。累計では感染者数が235万2000人。死者数は8万1325人と欧州で2番目、世界で6番目に多い。

イタリア政府はこの日、新型コロナ抑制措置を拡大すると発表。20地域のうち、ミラノ周辺のロンバルディア州を含む3地域を制限措置が最も厳しいレッドゾーンに指定する。

*情報を追加します

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

対ファーウェイで規制を十分活用、安保の脅威=米商務

ビジネス

FRB議長講演、債券市場関係者は失望 利回り上昇へ

ビジネス

午前の日経平均は大幅続落、570円安 米長期金利上

ビジネス

中国、21年成長率目標は6%以上 都市部で雇用創出

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 5

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 6

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 7

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 8

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 9

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 6

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!