ニュース速報

ワールド

豪中銀、GDP予想下方修正 ビクトリア州の感染急拡大で見通し悪化

2020年08月07日(金)13時41分

 8月7日、オーストラリア準備銀行(中央銀行)のエリス総裁補は、ビクトリア州でのコロナ感染者の急増が同国全体の景気見通しを悪化させたと指摘、景気回復は期待するよりも緩慢になり、失業率は複数年にわたり高止まりするとの見方を示した。写真はシドニーで2017年3月撮影(2020年 ロイター/David Gray)

[シドニー 7日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行)のエリス総裁補は7日、ビクトリア州でのコロナ感染者の急増が同国全体の景気見通しを悪化させたと指摘、景気回復は期待するよりも緩慢になり、失業率は複数年にわたり高止まりするとの見方を示した。

RBAの基本シナリオでは豪経済が2020年に6%のマイナス成長に陥るとしている。

しかし、ビクトリア州で感染者が急増し主要都市メルボルンに再びロックダウンが導入されたため、回復ペースが鈍る可能性がでてきた。

エリス総裁補はウェブキャストでの講演で「ビクトリア州で感染拡大が深刻化し、ステージ4の規制が実施されるとは予想していなかった。これは、パンデミック下でいかに事態が急変し得るかを示す」と述べた。

演に先立ちRBAが発表した四半期金融政策報告では、ビクトリア州が最近導入した感染防止策により、第3・四半期の国内総生産(GDP)が少なくとも2%ポイント押し下げられると予想。[nL4N2F90LT]

来年は回復を見込むものの、ペースは従来想定より鈍いとして、成長率予想を7%から4%に引き下げた。2022年の成長率も5%から4%に予想を下方修正した。

エリス氏は「当初の経済の縮小幅は小さめだったが、これに続く回復は時間がかかる公算が大きく、失業抑制での進展は鈍いだろう」とし「回復は鈍く、平たんではないとみられ、GDPがコロナ流行以前に想定されていた軌道に戻るには恐らく数年を要する」と述べた。

需要の大幅な落ち込みは労働市場に「とてつもないショック」をもたらすと指摘。「ビクトリア州の活動制限強化が一因となり、雇用者数と総労働時間は今後数カ月にわたり、減少すると予想する」と語った。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

コロナ関連の解雇・雇い止め、23日現在で6万043

ビジネス

三井住友信託、株主総会議決権の未集計票は975社 

ビジネス

ANAとJAL、中国・広州線など一部再開 ビジネス

ワールド

中国の脱炭素化、今世紀の気温上昇0.3度抑制も=研

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 4

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 5

    シンガポール、新型コロナ死亡率が0.05%と世界最少…

  • 6

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 7

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 8

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 9

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 10

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!