ニュース速報

ワールド

中国、2020年国防費は前年比6.6%増 30年ぶり低い伸び

2020年05月23日(土)06時31分

 5月22日、中国政府は、開幕した全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で2020年の予算案を公表した。安全保障上のリスクの高まりを警戒し、国防費は前年比6.6%増の1兆2680億元(1781億6000万ドル)とした。写真は北京で22日撮影(2020年 ロイター/CARLOS GARCIA RAWLINS)

[北京 22日 ロイター] - 中国政府は、22日開幕した全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で2020年の予算案を公表した。安全保障上のリスクの高まりを警戒し、国防費は前年比6.6%増の1兆2680億元(1781億6000万ドル)とした。ただ、伸び率は30年ぶりの低さとなった。

李克強首相は「国防・軍の改革を深化し、兵站(へいたん)・機材面の支援能力を強化するとともに、防衛関連の科学技術の革新的発展を促進する」と表明した。

また「国防動員システムを改善し、軍と政府、軍と人民が、揺るぎない結束を維持することを確実にする」と述べた。

豪マッコーリー大学のアジア太平洋安全保障学教授ベーツ・ギル氏は、今年の国防費の伸びについて、逼迫気味の予算状況や経済分野の課題を優先する必要性などを反映した、均衡のとれたものだと指摘。それでも6.6%という伸び率は決して低いわけではなく、今年の国内総生産(GDP)成長率見通しを恐らく大きく上回るとの見方を示した。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて米中関係は一段と冷え込んでいる。

関係筋がロイターに明らかにしたところによると、中国国家安全省は最近の内部報告書で、新型コロナの流行を受けて中国に対する敵意が強まっていると指摘し、米国との間で武力衝突に発展する可能性もあると警鐘を鳴らした。

シンガポール防衛戦略研究所(IDSS)のリサーチフェロー、コリン・コ―氏は、中国政府は国家安全保障上の脅威に直面しているとの考えから、緊急に防衛力を強化する必要があると感じていると指摘。「特に国防予算の数字が表している軍の近代化の後退は、内外に誤ったシグナルを送る可能性がある」と語った。

中国は国防費の内訳を公表しておらず、外交筋や海外の専門家の間では、実際の国防支出は公表されている額をはるかに上回るとの見方が多い。

菅義偉官房長官は22日午後の会見で、中国の国防予算は「長きにわたって高い伸び率が継続している」とし、「透明性を高めることが望まれる」との見解を示した。中国当局との「人的交流や対話を通じ、透明性を高めるよう働きかけていきたい」と述べた。

米国防総省の報道官は、「研究開発や国内の安全保障、海外からの軍需品調達など主要な支出項目のいくつか」が予算から省略されていると指摘。「中国の動向は、その意図と軍事費の双方の透明性が大幅に欠けているという点で懸念される」と述べた。

*情報を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

8月新設住宅着工戸数は前年比9.1%減=国交省

ワールド

米大統領選討論会、トランプ氏は白人至上主義者の糾弾

ワールド

インドネシア議会、来年度予算案を承認 景気支援と財

ワールド

米大統領選討論会、コロナ対応や最高裁判事人事で激論

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 4

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 5

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

  • 10

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!