ニュース速報

ワールド

ロシア、米国証券の保有削減へ 制裁に対抗─財務相=RIA

2018年08月13日(月)08時39分

 8月12日、ロシアのシルアノフ財務相は、米国による新たな制裁への対抗措置として米国証券の保有を一段と減らす考えを明らかにした。写真は米ロの国旗。モスクワで昨年4月撮影(2018年 ロイター/Maxim Shemetov)

[モスクワ 12日 ロイター] - ロシアのシルアノフ財務相は12日、米国による新たな制裁への対抗措置として米国証券の保有を一段と減らす考えを明らかにした。ただ、ロシア国内の米企業を閉鎖する計画はないとした。国営テレビでの発言をRIA通信が報じた。

米政府は8日、英国で3月に起きた元ロシア情報機関員の毒殺未遂事件でロシア政府が神経剤を使用したと断定し、8月中に新たな制裁を課すと発表。

ロシアのメドベージェフ首相は10日、米国がロシア銀の業務を制限する措置を発動すれば、ロシアは「経済戦争」と受け止め、報復措置を講じると警告した。

シルアノフ財務相はテレビのトーク番組で、米国の新たな制裁について「不快だが致命的ではない」と述べた。

その上で「既に最低水準に引き下げている米経済や米国証券への投資を一段と減らす」との考えを示した。

ロシアは米国との関係悪化を背景に過去数カ月間、米国債保有を減らしている。

シルアノフ財務相は、ロシアがルーブルやユーロなどドル以外の通貨による決済を拡大する考えも示し、「最終的には米国の投資家に悪影響をもたらす」と指摘した。ただ、現時点で「マクドナルド閉鎖といった制限措置は計画していない」とし、「これらの企業はロシア国民を雇用し、ロシアに税金を納めている」と述べた。

2014年のクリミア併合で西欧諸国との関係が悪化した際には、一部の議員からロシア国内の主要米国企業を閉鎖するよう求める声が上がった。

シルアノフ財務相はさらに、米国の経済制裁でルーブルが下落し、インフレ高進につながることを認めたが、ロシア国内でドルの使用を禁止する計画はないと言明した。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!