ニュース速報

ワールド

米共和党議員ら銃撃で負傷、死亡の容疑者はトランプ氏に反感か

2017年06月15日(木)09時44分

 6月14日、米共和党のスティーブ・スカリス下院議員が、野球の練習中に銃で撃たれた。写真は現場を警戒する警察官。同日撮影(2017年 ロイター/Joshua Roberts)

[アレクサンドリア(米バージニア州) 14日 ロイター] - 米首都ワシントン近郊のバージニア州アレクサンドリアで14日、共和党のスティーブ・スカリス下院議員らが野球の練習中、男に銃で撃たれ、同氏のほかに側近ら3人がけがを負った。

米高官によると、男はセントルイス郊外のベルビルの元家屋調査士、ジェームズ・ホジキンソン容疑者(66)。警察との銃撃戦で負傷し、警察によるとその後死亡した。

同容疑者はソーシャルメディアで、トランプ大統領に怒りをぶちまけ、フェイスブック上の反共和党集団にも加わっていたとみられる。

大統領選の民主党候補指名を争った、サンダース上院議員によると、同容疑者は自身の陣営でボランティアとして働いていたという。

警察や連邦捜査局(FBI)は、政治を背景とした計画的な犯行と断定するのは時期尚早とした。

スカリス議員はルイジアナ州選出で、下院共和党ナンバー3。腰を撃たれ、病院に搬送された。

現場に居合わせた議員によると、犯人はライフル銃で50─100発の銃弾を発射したもよう。

事件を受けトランプ大統領は、ペンス副大統領とともに状況を緊密に見守っているとの声明を発表した。

共和党議員はこの日の朝、15日に実施される民主党との年次野球大会に向け練習中だった。民主党議員は別の場所で練習していた。試合は予定通り、ワシントンDCで行われる。

米国では2011年にアリゾナ州で当時下院議員だったガブリエル・ギフォーズ氏が銃撃される事件が発生。今回の事件を受け、銃規制を巡る議論が再燃している。

FBIのティム・スレーター特別捜査官は記者団に対し、容疑者が共和党員に反感を抱いていたかどうかにはコメントしなかった。引き続き、犯行の動機や容疑者の関係先を調べるとし、事件に関連して拘留中の人物はいないと述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

原油先物、強弱入り混じった材料でほぼ横ばい

ワールド

米国のコロナ感染者、8日に5.9万人超増加 過去最

ワールド

新型コロナで労働世界は「未曾有の危機」に突入=IL

ビジネス

米バイオジェン、FDAにアルツハイマー薬候補の販売

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!