ニュース速報

ビジネス

金価格が3週間ぶり安値、ドル高と米利上げ継続観測で

2022年08月19日(金)14時44分

金価格が19日の取引で3週間ぶりの安値を付けた。足元のドル高と米利上げが継続するとの観測を背景に売られており、週間で5週間ぶりの下落となる見通し。写真は7月撮影(2022年 ロイター/DENIS BALIBOUSE)

[19日 ロイター] - 金価格が19日の取引で3週間ぶりの安値を付けた。足元のドル高と米利上げが継続するとの観測を背景に売られており、週間で5週間ぶりの下落となる見通し。

0451GMT(日本時間午後1時51分)現在、金のスポット価格は0.3%安の1オンス=1752.89ドル。一時7月28日以来の安値となる1751.01ドルまで下落した。

週間では2.7%安の水準。

米国の金先物価格は0.3%安の1766.20ドル。

ゴールドシルバー・セントラルのマネジングディレクター、ブライアン・ラン氏は「市場は金利がさらに上昇すると予想しており、足元はドル高が明らかに金相場の重しになっている」と指摘。

金相場の先安観から様子見姿勢が広がり、ETF(上場投資信託)にも解約売りが出ているとした。

銀のスポット価格は0.9%下落の19.35ドルとなり、週間の下落率は1月下旬以降で最大となる見込み。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング