ニュース速報

ビジネス

ソフトバンクG株が大幅安、巨額赤字を嫌気 強弱対立との見方も

2022年08月09日(火)09時43分

 8月9日の東京株式市場で、ソフトバンクグループ(SBG)が4%を超える大幅安となっている。2023年3月期第1・四半期(4─6月期、国際会計基準)の最終損益が3兆1627億円の赤字だったと8日発表した。2021年2月に都内で撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 9日 ロイター] - 東京株式市場で、ソフトバンクグループ(SBG)が4%を超える大幅安となっている。2023年3月期第1・四半期(4─6月期、国際会計基準)の最終損益が3兆1627億円の赤字だったと8日発表した。赤字は2四半期連続で、四半期の赤字額としては過去最大となった。

松井証券の窪田朋一郎投資メディア部長は同社株の見通しについて「強弱感が対立しそうだ」とみている。「業績悪化はある程度織り込まれているほか、自社株買いも発表し株主への一定の配慮を示した。信用買い残は整理されてきており、投げ売りする投資家も少ないのではないか」という。

一方、株式相場の先行きは不透明で、ユニコーン企業のエグジットがしやすい環境とはまだいえないとも指摘している。

同社株は個人投資家による保有が多く、下げが深まれば投資マインドに悪影響が及びかねないが「もともとボラティリティが高い銘柄なので5%程度であれば驚くほどの下げではない」(窪田氏)との見方もある。

SBGは、世界的な金利上昇を受けた株安で、新興企業などに投資するビジョン・ファンド(SVF)の投資損失が2兆9191億円に膨らんだほか、円安で国内会社の米ドル建て純負債が増加し、為替差損8200億円を計上した。前年同期の最終損益は7615億円の黒字だった。

同時に発行済み株式の6.3%にあたる1億株、4000億円を上限とする自己株の取得枠を新たに設定した。取得した自己株式は消却する予定。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング