ニュース速報

ビジネス

米企業、労働力減少と賃上げ圧力が恒常化へ=マイクロソフト社長

2022年07月19日(火)08時02分

 7月18日、米マイクロソフトのブラッド・スミス社長はこのほどロイターのインタビューに応じ、米企業は労働力人口減少と賃上げ圧力が恒常化する「新たな時代」を迎えつつあると警鐘を鳴らした。ニューヨークで2019年9月撮影(2022年 ロイター/Gary He)

[レドモンド(米ワシントン州) 18日 ロイター] - 米マイクロソフトのブラッド・スミス社長はこのほどロイターのインタビューに応じ、米企業は労働力人口減少と賃上げ圧力が恒常化する「新たな時代」を迎えつつあると警鐘を鳴らした。

スミス氏は、米国や欧州、中国、日本で人口の伸びが急に落ち込んでいる現状を解説。国連のデータを引用する形で、米国は1950年以降5年ごとに労働力人口が約500万人増えていたが、2016年から20年までに増加幅は200万人に鈍化し、現在もっと減速していると語り、海外の主要市場は軒並み労働力が減少していると強調した。

さらにスミス氏は「なぜ世界同時に低成長と働き手不足が起きているのか、これである程度説明がつく。もはやかつてほど多くの人口が労働力に加わっていない」と述べた。

マイクロソフトは、こうした限られた労働力の獲得競争を勝ち抜く上で、最近になって採用人数を絞りつつ、賃金の引き上げに動いたと表明している。

一方スミス氏は、足元の米経済について景気後退(リセッション)が不可避だと宣言するのは時期尚早だとの見方を示した。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英中銀、ストレステストの景気低迷シナリオ公表 経済

ビジネス

外貨準備、ポンド下支えには力不足=元英中銀副総裁

ビジネス

円買い介入は「適切だった」、金融緩和と矛盾せず=黒

ワールド

ハリス氏が岸田首相と会談、台湾海峡での中国の行動非

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中