ニュース速報

ビジネス

原油先物、4日続落 新型コロナ感染第2波やリビアの生産拡大を懸念

2020年10月20日(火)12時14分

 10月20日 アジア時間の原油先物相場は4営業日続落。新型コロナウイルスの感染が世界的に再拡大していることを背景に、燃料需要の回復への期待が後退している。2019年11月、テキサス州ラビング郡で撮影(2020年/Angus Mordant)

[メルボルン 20日 ロイター] - アジア時間の原油先物相場は4営業日続落。新型コロナウイルスの感染が世界的に再拡大していることを背景に、燃料需要の回復への期待が後退している。リビアの生産拡大も原油供給を増やす要因となっている。

0149GMT(日本時間午前10時49分)現在、北海ブレント原油先物は0.30ドル(0.7%)安の1バレル=42.32ドル。前日は0.31ドル下落した。

米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物は0.26ドル(0.6%)安の1バレル=40.57ドル。前日は0.05ドル下落した。

ロイターによる各国データの集計によると、世界の新型コロナウイルス感染者数は4000万人を超えた。冬を迎える北半球では、感染拡大が再び深刻になっている。

ライスタッド・エナジーの石油市場アナリストは「4月以降、石油需要は奇跡的な回復を遂げた。現時点で新型コロナ流行前の約92%に達している。だが、新型コロナ流行に伴う石油需要の崩壊が終了したと宣言するのは時期尚早だ」と指摘した。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」は19日の閣僚会合で、新型コロナの流行に対する懸念が強まる中、石油市場を支援する意向を示した。

OPECプラスは、現行の日量770万バレルの協調減産を来年1月から日量580万バレルに縮小する方針を維持している。

産油国の関係筋によると、必要な場合、1月からの減産縮小は変更される可能性がある。

コモンウェルス銀行の商品アナリストは「OPECプラスが来年1月1日から再開する見通しの生産量は、世界の供給量の2%前後で、石油市場がこの量を吸収できるとは思わない」と指摘。

同アナリストによると、OPECプラスの協調減産に参加していないリビアの生産拡大が、供給過剰に対する懸念を強める要因になっている。

リビアでは、武力衝突に伴い、今年1月に生産がほぼ完全に停止したが、その後、急ピッチで生産が拡大している。国内最大のシャララ油田は今月11日に操業を再開。関係者によると、同油田の生産量は現在、日量15万バレル前後で、生産能力の約半分に達している。

市場関係者は、20日発表の米石油協会(API)在庫統計に注目する見通し。ロイター調査によると、直近週の米原油・留出油在庫は減少した可能性が高い。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米コロナ死者2000人超、5月以来初めて 入院者数

ワールド

EU、英国との通商交渉に進展 合意なしのリスクも=

ビジネス

イエレン氏の米財務長官就任、世界経済にプラス=EC

ワールド

今年の中国温暖化ガス排出量、前年上回る見込み=IE

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族の学校からハングルを抹消へ

  • 4

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 7

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 8

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 9

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 10

    暗黒の香港から台湾への脱出者が急増中 日本など近…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 10

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!