ニュース速報

ビジネス

米コロナ追加対策、政権・民主党に「隔たり」 協議再開の見通し立たず

2020年08月13日(木)07時36分

 8月12日、米政権と民主党指導部による追加の新型コロナウイルス経済対策を巡る協議決裂から5日目を迎えた12日、合意に向けた双方の隔たりは大きく、協議再開の見通しは立っていない。。写真は2019年12月撮影(2020年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 12日 ロイター] - 米政権と民主党指導部による追加の新型コロナウイルス経済対策を巡る協議決裂から5日目を迎えた12日、合意に向けた双方の隔たりは大きく、協議再開の見通しは立っていない。

民主党のペロシ下院議長とシューマー上院院内総務は共同声明で「ムニューシン財務長官から会談の呼び掛けがあり、長官はホワイトハウスが対策の規模を巡り譲歩しないと明確に示した」とし、「われわれは、政権側がこのプロセスに真剣に対応し始めれば、交渉を再開する意思があることを再度明確に伝えた」とした。

匿名の関係筋によると、ムニューシン財務長官はペロシ氏と米東部時間午後2時少し前に接触した。

ムニューシン氏は、ペロシ、シューマー両氏の声明に文書で反論。「ペロシ氏は、民主党側の少なくとも2兆ドル規模の案にわれわれが事前に同意しない限り協議を再開する気はないと明確に示した」とした。

同氏は、政権側は学校、ワクチン、病院、中小企業、州・地方政府など必要なところに資金を拠出する計画を前進させたい考えだと強調。共和党のマコネル上院院内総務が主張する、企業に対して新型コロナ関連訴訟の賠償責任を免除する措置の必要性にも触れた。

ムニューシン氏はこれより先、、FOXビジネスネットワークとのインタビューで、協議が合意に至らない可能性があると示唆。「憶測することはできないが、民主党側が合理的になる意向があれば、妥協はあり得る。政治にこだわり、トランプ大統領の成功につながる行動を望まないのであれば、合意は成立しないだろう」と語った。

民主党のシューマー上院院内総務によると、民主党側は当初求めた3兆ドル規模の経済対策を1兆ドル減額して歩み寄りを示したが、政権側が拒否したと批判。ムニューシン長官は民主党側の提案について、「話にならない」との見方を改めて示した。

ペロシ氏はMSNBCとのインタビューで、政権と民主党との間には「大きな隔たり」、「亀裂」があると説明。政権側に「中間地点で折り合いを付ける」用意が整うまで、「交渉の席につく意味はない」と言明した。

マコネル氏は、ペロシ、シューマー両氏が協議をこう着させていると批判し、共和党側は妥協点を見いだし、合意することを望んでいると強調した。マコネル氏は政権と民主党指導部の協議に参加していない。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米大統領選、討論会受けバイデン陣営と民主党に選挙資

ワールド

米大統領選の「有権者脅し」に警戒も、トランプ氏の投

ワールド

米大統領選の「有権者脅し」に警戒も、トランプ氏の投

ビジネス

アングル:ドル、安全資産として円や金をしのぐ 9月

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    異常気象がスペイン風邪の世界的流行の誘因だった?…

  • 9

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 10

    人口減少の時代に増え続ける新築物件 全国378万の空…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!