ニュース速報

ビジネス

ECBが戦略検証開始、総裁「調整力発揮」 成長リスク下向き

2020年01月24日(金)03時18分

欧州中央銀行(ECB)は23日の定例理事会で主要政策金利を据え置くとともに、インフレ目標や金融政策など政策戦略の検証を開始したと明らかにした。フランクフルトのECB本部で撮影(2020年 ロイター/RALPH ORLOWSKI)

[フランクフルト 23日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は23日の定例理事会で主要政策金利を据え置くとともに、物価目標を含む政策戦略の検証を開始したと明らかにした。前任のドラギ氏は大規模な金融緩和による物価押し上げを目指したが、物価は長らく目標を割り込んでおり、現職のラガルド総裁が今後、政策目標や達成手段をどのように見直すかが注目される。

景気認識については、成長リスクが下向きと表明した。

ラガルド氏は理事会後の会見で、戦略検証の期間は約1年を見込んでいるが、ずれ込む可能性もあると指摘。「終わりが来た時に終わる」とも語り、特定の期限を設けない考えを示した。

注目される物価目標の検証については多くを語らず、「いかなる項目も未検証のまま終わらせない。物価の計測方法に関しては検討が必要だ」と述べるにとどめた。また新たな戦略を採用するまで現行の戦略を踏襲すると確認した。

現在の物価目標は2%未満だがその近辺にとどまる水準に設定されている。ECB理事会メンバーのビルロワドガロー仏中銀総裁は今月、物価目標は上下に対称的で弾力性を持つ必要があるという考えを示している。

戦略検証では環境問題をどのように金融政策に取り入れるかについても議論される見通し。ラガルド総裁は気候変動を政策に取り入れた場合、物価目標の安定といった中銀の責務が損なわれたり、政府による問題への取り組み意識が薄れる恐れがあるとする一方、「何もしないこともリスクになる。挑戦を怠るということは失敗と同じだ」と語った。またECBが買い取りを行う債券の発行体がESG(環境・社会・ガバナンス)の規則に合致しているがどうかをECBが判断する可能性もあると指摘した。

ECB内で意見の相違があることについて、ラガルド氏は率直に認めるとともに、前任のドラギ氏に欠けていたとされる調整能力を発揮すると強調。「私は独裁的なトップではない。全ての総裁に意見を表明し共有する時間と場所が与えられているが、最終的には声明を取りまとめ、金融政策に関する決定事項を発表しなければならない」と述べた。

ECBは主要政策金利のリファイナンス金利を0.00%、限界貸出金利を0.25%、中銀預金金利をマイナス0.50%にそれぞれ据え置いた。

声明では「インフレ見通しが予測期間内に2%に十分近いが、それを下回る水準に確実に向かっていることが確認されるまで、主要政策金利を現行またはより低い水準に維持することを想定している」と表明。月額200億ユーロの債券購入も引き続き行うと確認した。

ラガルド総裁は「ユーロ圏の成長見通しを取り巻くリスクは、地政学的要因や保護主義の台頭、新興国市場の脆弱性に絡み、引き続き下向きに傾いている。しかし、国際貿易を巡る不確実性が一部後退する中、リスクは以前ほど顕著ではない」と指摘した。

アバディーン・スタンダード・インベストメンツのエコノミスト、ポール・ディグル氏は「ECBは戦略検証が完了する年末に利下げを行い、物価目標を達成する意思を改めて示す」と予想した。

ラガルド氏の会見を受け、ユーロ/ドルは下落。市場ではラガルド氏の発言が予想よりもややハト派的と受け止められた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ホンダが4輪開発体制を再編、迅速で競争力高い基盤づ

ビジネス

各国企業はCOP26までに温暖化対策とりまとめを=

ビジネス

日経平均は4日続落、329円安 米アップル関連売ら

ビジネス

新型肺炎で世界の医薬品供給に支障の可能性=EU商議

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染者ゼロの怪

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑みで立ち往生のヘビ救った男たち

  • 4

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

  • 7

    米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

  • 8

    「37.5度以上はオフィス入室禁止」 日本企業もウイル…

  • 9

    新型コロナウイルス専門家会議、大規模イベント自粛…

  • 10

    習近平「1月7日に感染対策指示」は虚偽か

  • 1

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 2

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 5

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 6

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 7

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 8

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!