ニュース速報

ビジネス

英著名投資家ウッドフォード氏がファンド閉鎖、解約請求相次ぐ

2019年10月16日(水)19時51分

10月15日、英国でかつて最も著名な投資家の1人だったニール・ウッドフォード氏(写真)が自身の資産運用事業を廃業したと発表した。提供写真(2019年 ロイター/Jonathan Atkins)

[ロンドン 15日 ロイター] - 英国でかつて最も著名な投資家の1人だったニール・ウッドフォード氏が15日、自身の資産運用事業を廃業したと発表した。

同氏の旗艦ファンド「LF・ウッドフォード・エクイティ・インカム・ファンド」は運用成績不振で解約請求が相次ぎ、6月に解約受け付けを停止。ウッドフォード氏は12月のファンド再開を目指していたが難航し、この15日に資産管理会社のリンク・ファンド・ソリューションズが手じまいとウッドフォード氏のマネジャー職からの解雇で介入し、閉鎖に至った。

ウッドフォード氏は他の2つのファンド、「LF・ウッドフォード・インカム・フォーカス・ファンド」と「ウッドフォード・ペイシェント・キャピタル・トラスト(WPCT)」についても運用を中止することを決めた。

これを受け、LF・ウッドフォード・インカム・フォーカス・ファンドの資産管理会社リンク・ファンド・ソリューションズは16日付の投資家向け書簡で、解約が相次ぐと予想されるとして、同ファンドの取引を停止したことを明らかにした。取引の停止はさらなる通知があるまで続き、少なくとも28日ごとに見直されるとした。

取引停止期間中には別の投資マネジャーの任命を含め、複数の選択肢を検討するという。

唯一の上場ファンドであるWPCTの株価は16日の寄り付きで10%超下落。一時は30.36ペンスを付け、過去最安値を更新した。

イングランド銀行(BOE、英中央銀行)のカーニー総裁は15日、ウッドフォード氏のファンド閉鎖によってオープンエンド型ファンドの持つ構造問題が喚起されたと述べた。BOEと英金融行動監視機構(FCA)は現在、こうしたファンドの仕組みについて検証している。

ウッドフォード氏は2014年に自身の資産運用会社を設立。個人投資家を中心に急速に資金を集め、ピーク時の運用資産は140億ポンド(179億ドル)に達した。

しかしここ2年間は、多くの英企業への投資が振るわず、投資家からの解約請求が増えていた。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

豪、香港への渡航・滞在に注意喚起 拘束リスク警告

ワールド

豪先住民や人権団体、リオ・ティントの洞窟遺跡破壊を

ワールド

中国本土、新型コロナ新規感染者は9人に増加

ワールド

中国、20─25年に6─8基の原発建設へ=チャイナ

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!