ニュース速報

ビジネス

英著名投資家ウッドフォード氏がファンド閉鎖、解約請求相次ぐ

2019年10月16日(水)19時51分

10月15日、英国でかつて最も著名な投資家の1人だったニール・ウッドフォード氏(写真)が自身の資産運用事業を廃業したと発表した。提供写真(2019年 ロイター/Jonathan Atkins)

[ロンドン 15日 ロイター] - 英国でかつて最も著名な投資家の1人だったニール・ウッドフォード氏が15日、自身の資産運用事業を廃業したと発表した。

同氏の旗艦ファンド「LF・ウッドフォード・エクイティ・インカム・ファンド」は運用成績不振で解約請求が相次ぎ、6月に解約受け付けを停止。ウッドフォード氏は12月のファンド再開を目指していたが難航し、この15日に資産管理会社のリンク・ファンド・ソリューションズが手じまいとウッドフォード氏のマネジャー職からの解雇で介入し、閉鎖に至った。

ウッドフォード氏は他の2つのファンド、「LF・ウッドフォード・インカム・フォーカス・ファンド」と「ウッドフォード・ペイシェント・キャピタル・トラスト(WPCT)」についても運用を中止することを決めた。

これを受け、LF・ウッドフォード・インカム・フォーカス・ファンドの資産管理会社リンク・ファンド・ソリューションズは16日付の投資家向け書簡で、解約が相次ぐと予想されるとして、同ファンドの取引を停止したことを明らかにした。取引の停止はさらなる通知があるまで続き、少なくとも28日ごとに見直されるとした。

取引停止期間中には別の投資マネジャーの任命を含め、複数の選択肢を検討するという。

唯一の上場ファンドであるWPCTの株価は16日の寄り付きで10%超下落。一時は30.36ペンスを付け、過去最安値を更新した。

イングランド銀行(BOE、英中央銀行)のカーニー総裁は15日、ウッドフォード氏のファンド閉鎖によってオープンエンド型ファンドの持つ構造問題が喚起されたと述べた。BOEと英金融行動監視機構(FCA)は現在、こうしたファンドの仕組みについて検証している。

ウッドフォード氏は2014年に自身の資産運用会社を設立。個人投資家を中心に急速に資金を集め、ピーク時の運用資産は140億ポンド(179億ドル)に達した。

しかしここ2年間は、多くの英企業への投資が振るわず、投資家からの解約請求が増えていた。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

日韓GSOMIA終了せず、輸出管理の対話再開へ

ビジネス

中国主席、米との「第1段階」通商合意とりまとめに意

ワールド

韓国外相との会談を調整、緊密な協力維持が重要=茂木

ビジネス

独GDP、第3四半期は前期比+0.1%、景気後退回

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 6

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 7

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 8

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 9

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 10

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!