ニュース速報

ビジネス

第3四半期の米単位労働コスト0.2%低下、大幅下方改定

2017年12月07日(木)05時25分

[ワシントン 6日 ロイター] - 米労働省が6日発表した第3・四半期の非農業部門の労働生産性(改定値)統計では、生産単位当たりの報酬を示す単位労働コストが前期比0.2%低下と、速報値の0.5%上昇からマイナスに転じた。

第2・四半期の単位労働コストは当初発表の0.3%上昇から1.2%低下へ改定された。2014年以来初めて2四半期連続で低下した。

12-13日には連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれる。労働市場が最大雇用状態に近いにもかかわらず物価は米連邦準備理事会(FRB)が目標とする2%を5年半近く下回っており、政策当局者らの間で激しい議論が交わされている。

単位労働コストは前年同期比で0.7%低下した。

時間当たりの労働報酬は前期比2.7%増。速報値の3.5%増から下方改定された。

労働時間は前期比1.1%増加した。速報値は0.8%増だった。

労働生産性は前期比3.0%上昇し、14年第3・四半期以来の大幅な伸びだった。速報値から改定されなかった。第2・四半期は1.5%上昇していた。

第3・四半期は上昇率が伸びたものの、依然として緩慢な傾向が続いている。前年同期比は1.5%上昇だった。07年から16年は平均して年率1.2%上昇しており、1947年から2016年の長期平均である2.1%を下回っている。

バンク・オブ・ザ・ウエストの首席エコノミスト、スコット・アンダーソン氏は、「単位労働コストが低水準にあることで消費者物価の上昇は抑制されるが、企業利益の押し上げ要因にはなる」としている。

賃金の伸びが軟調となるなかでも労働市場の引き締まりは継続しており、こうしたことは来週のFOMCでインフレを巡る討議が一段と過熱する可能性がある。

ハイフリークエンシー・エコノミクスの首席米国エコノミスト、ジム・オサリバン氏は「労働市場の引き締まりにより経済が過熱するとの懸念が誤ったものであるとの証拠として、単位労働コストが軟調であることは確実に引き合いに出される」と指摘。

ただ、「減税措置が予想されるなか、所得の申告を先延ばしにする動きがみられており、われわれは所得に関する最近の公式なデータは歪められていると考えている。商務省は四半期納税記録から得られる情報を誤って解釈している可能性がある」と述べた。

*内容を追加して再送します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

クウェート、前首長の葬儀は一般非公開で カタール首

ワールド

英で新型コロナ第2波加速、首相が国民に規制遵守求め

ワールド

プラウド・ボーイズは「知らない」、法執行当局に仕事

ワールド

混迷の米大統領選討論会、秩序維持へ対応策 運営側が

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 9

    台湾の都市名に添えられた「中国」表記、EUの支援で「中…

  • 10

    トランプ巨額脱税疑惑、スキャンダルの本丸はその先…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!