ニュース速報

日経平均は急反落、米中の報復応酬嫌気し一時500円安

2019年08月26日(月)16時42分

[東京 26日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均株価は急反落。米中間での報復関税の応酬によりセンチメントが悪化し、週末の米株指数先物が軟調に推移したほか、外為市場でドル/円が一時104円台と円高に振れたことを嫌気し、全面安となった。日経平均の下げ幅は一時500円を超したものの、為替相場が落ち着きを取り戻す一方、テクニカル面で6日の直近安値2万0110円76銭が下値支持線として意識され、後半は安値圏で一進一退の動きとなった。

中国商務省は23日、米国から輸入する原油や農産物など750億ドル相当の製品に対し5─10%の追加関税を課すと発表。これに対し、トランプ米大統領は、これまでに課している2500億ドル相当の中国製品に対する関税を現在の25%から30%に引き上げると表明。さらに中国製品3000億ドルに課す追加関税「第4弾」の税率も10%から15%に引き上げるとした。

これを受けて、市場では一気に警戒感が広がったものの「ドルが104円台に定着しなかったことがプラス材料になっている。また、最近の日本株は米国株にそこまで影響されない傾向がある。これもプラス材料になっている」(運用会社)といった指摘のほか、「日銀の指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れや、月末であることから年金基金が株式組入比率を維持するための買い入れが考えられる」(国内証券)といった声も出ており、売り一巡後は下げ渋る動きとなった。

市場では「当面は、米連邦公開市場委員会(FOMC)など来月に控えるイベントが転換点になるかどうかがポイントで、それまでは不安に包まれる状況が続きそうだ」(証券ジャパン・投資情報部長の大谷正之氏)との指摘もある。

個別では、トヨタ自動車<7203.T>、ソニー<6758.T>など主力の輸出関連株が幅広く売られたほか、指数寄与度が大きいファーストリテイリング<9983.T>は、前週末比で4%を超す大幅下落。このところ堅調だった東京エレクトロン<8035.T>、SCREENホールディングス<7735.T>など半導体関連株も反落した。

TOPIXは前日比1.61%安で終了。東証33業種は全業種マイナスとなったものの、不動産業、建設業など内需関連株の下げ率が比較的小さかった。

東証1部の騰落数は、値上がり138銘柄に対し、値下がりが1979銘柄、変わらずが33銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      20261.04 -449.87

寄り付き    20325.44

安値/高値   20173.76─20329.01

TOPIX<.TOPX>

終値       1478.03 -24.22

寄り付き     1474.18

安値/高値    1465.30─1480.37

東証出来高(万株) 114028

東証売買代金(億円) 19844.55

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

新型ウイルス、まずは中国経済注視 必要なら追加緩和

ビジネス

中国人民銀、景気支援へ追加措置の用意 新型ウイルス

ワールド

新型ウイルス、韓国の感染者346人に急増 中国では

ビジネス

フランス格付け見通しを「安定的に」引き下げ=ムーデ

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とスキルの分離が組織を滅ぼす

  • 3

    韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に突撃取材した

  • 4

    「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「…

  • 9

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 10

    新型コロナウイルス、急拡大の背景に排泄物を介した…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 8

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!