ニュース速報

アルゼンチン大統領予備選、元首相が躍進 マクリ氏再選に黄信号

2019年08月13日(火)00時40分

[ブエノスアイレス 12日 ロイター] - アルゼンチンで11日、10月の大統領選挙の予備選挙が実施され、野党候補のフェルナンデス元首相が現職マクリ大統領を抑えて首位となり、マクリ氏の再選が危ぶまれる状況となった。

選挙管理委員会によると、フェルナンデス氏の得票率はマクリ氏を15.5%ポイント上回った。トレーダーによると、予備選の結果を受け、アルゼンチンペソは12日の取引で1ドル=65ペソと約30%急落。債券や株価も下落が予想されるという。

アナリストは、これはマクリ大統領にとって「ゲームオーバー」になり得ると予想。投資家は、野党が過去に介入的な政策をとったことを踏まえ、フェルナンデス氏が大統領になれば、自由市場経済を推進するマクリ大統領よりもリスクが高くなるとみている。

予備選でのフェルナンデス氏のリードは、最近の世論調査で想定されていた2─8%ポイントを上回った。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのアナリストは、フェルナンデス氏の勝利は想定していた弱気シナリオよりも極端だったと指摘。「ハードカレンシー建て資産に対する大幅な売りのほか、数週間以内の通貨切り下げなどアルゼンチンペソへの大きな圧力が予想される」とした。

キャピタル・エコノミクスは顧客向けノートで、フェルナンデス氏の勝利は「多くの投資家が恐れている左派ポピュリズム回帰への道を開いた」と言及。「ソブリン債のデフォルトリスクが改めて注目されることで、債券、株価、アルゼンチンペソは数日内に厳しい圧力にさらされるだろう。もっとも通貨安は外為市場への介入により抑制される可能性がある」とした。

大統領選挙で勝利するためには45%以上の得票率か、得票率40%以上かつ2位との差が10%ポイントになることが必要。今回の予備選挙の結果は10月の本選挙で大統領が決定し、11月の決選投票にはもつれ込まないことを示唆している。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

「ファイブアイズ」外相、香港情勢巡り電話会議=カナ

ワールド

ソブリン債、ジャンク級が投資適格級初めて上回る見通

ワールド

米国のコロナ感染者、8日に5.8万人超増加 過去最

ビジネス

日経平均は小反発で始まる、米株高好感も主力銘柄は売

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!