ニュース速報

中国GDP、第2四半期は前年比+6.2%に減速 92年以来の低成長

2019年07月15日(月)15時50分

[北京 15日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)は、前年比6.2%増と、第1・四半期の6.4%増から鈍化した。米国が関税引き上げなど圧力を強めるなか、内需、外需ともに減少し、少なくとも1992年第1・四半期以来、27年ぶりの低い伸びとなった。

ロイターがまとめたアナリストの予想も前年比6.2%増だった。

同日発表された6月の鉱工業生産や小売統計などは予想を上回り、改善の兆しが示されたものの、一部のアナリストは持続できない可能性を指摘し、今後数カ月中にさらなる景気刺激策が打ち出されるとみている。

華宝信託のエコノミスト、ニエ・ウェン氏は「中国の成長率は下期に6─6.1%に減速する可能性がある」と指摘した。

政府の2019年成長率目標は6─6.5%。

同氏はまた、当局は実体経済を長期的に支援したい意向であり、銀行の預金準備率引き下げが実施される「可能性が依然として高い」とし、中国経済は減速が続いた後、2020年半ばごろに安定化するとの見方を示した。

中国政府は、大規模な減税や、インフラ事業促進を狙った地方政府の特別債発行枠設定といった景気支援策を打ち出している。

アクサ・インベストメント・マネジャーズ(香港)のアジア新興国市場シニアエコノミスト、アイダン・ヤオ氏は「預金・貸出基準金利が引き下げられる可能性は非常に低い。市場志向の金利が調整される可能性のほうが高い。あらゆる流動性ファシリティーの金利の引き下げも市場に重要なシグナルを送る」と指摘した。

また「今後数カ月は財政政策が主な対策となる見込みで、金融政策は支援的な役割になるだろう」との見方を示した。

6月の鉱工業生産と小売売上高、1─6月の固定資産投資はアナリスト予想を上回り、政府の支援策の効果が表れ始めたことを示唆した。

6月の中国鉱工業生産は前年比6.3%増加。5月の17年ぶりの低い伸びから回復し、アナリスト予想(5.2%増)を上回った。

小売売上高は前年比9.8%増。アナリスト予想は8.3%増だった。自動車販売の増加が寄与した。

1─6月の固定資産投資は前年比5.8%増。1─5月(5.6%増)から伸びが加速し、アナリスト予想(5.5%増)を上回った。

しかし、キャピタル・エコノミクスは、自社モデルでは鉱工業生産の伸び鈍化が示されたと指摘。自動車販売の増加についても一時要因などが背景とみられるとしている。

同社の中国担当シニアエコノミスト、ジュリアン・エバンス・プリチャード氏は「月次データは予想を上回った。(しかし)より広範な製造業活動の弱さが示されていることを踏まえ、われわれはこの改善に懐疑的だ。6月のデータが好転の始まりになるとは思えない」と語った。

国家統計局は声明で、国外の不透明要因が増大しており、中国経済はなお複雑な環境におかれていると指摘。新たな下押し圧力に直面し、政府として安定した成長確保に取り組む方針を示した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

〔情報BOX〕東証、過去のシステム障害による売買停

ビジネス

米ゴールドマン、人員削減再開へ 「少数を削減」

ビジネス

米グーグル、5G対応スマホを発表

ビジネス

東証で全銘柄の売買を停止、富士通が共同で調査中

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    異常気象がスペイン風邪の世界的流行の誘因だった?…

  • 9

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 10

    人口減少の時代に増え続ける新築物件 全国378万の空…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!